自然科学系

自然科学系 教員紹介
2015年以前の研究業績
著書2015(新編)新しい科学
岡村定矩ほか
東京書籍
2015(新編)新しい科学教師用指導書
東京書籍
2012「新しい科学」教師用指導書研究編
東京書籍
2012新しい科学
東京書籍
2011小学校教員のための理科教育
東京学芸大学出版会 , 150-156
2010生物学辞典
化学同人社 , 1102, 1194
2009平成21年度用補助教材 新しい科学1年 21プラス
東京書籍(株) , 28-30
2006新しい科学
東京書籍,東京
2006「新しい科学」第2分野教師用指導書
東京書籍,東京
2000地震列島日本の謎を探る
阿部国広・小野 洋・加藤碵一・神戸信和・坂 幸恭・鈴木邦夫・高橋 修・高橋正樹・水野篤行
東京書籍
2000「新しい科学」第2分野教師用指導書地方版資料(関東版)
東京書籍
1997東京都「地学のガイド」
コロナ社
論文2014北部ベトナムに分布するナンパンジャン海盆南部の下部三畳系
小松俊文ほか
化石
2014
Ultrastructural morphology of the reproductive swarmers of Sphaerozoum punctatum (Huxley) from the East China Sea
T. Yuasa and O. Takahashi
European Journal of Plotistology , 50 194 -204
2014
Olenekian (Early Triassic) Stratigraphy and Fossil Assembleges in Northeastern Vietnam. Systematic Paleontology: Radiolarians.
Takahashi, O. and Miyake, Y.
National Museum of Nature and Science Monographs. , 45 278-294
2013鹿児島県中甑島の上部白亜系姫浦層群から産出した放散虫化石
荒巻美紀・小松俊文・三宅優佳・高橋 修・堤 之恭
地質学雑誌119 1 45 -50
2012
Ultrastructural and molecular characterization of cyanobacterial symbionts in Dictyocoryne profunda (Polycystine radiolaria)
T. Yuasa, T Horiguchi, S. Mayama, A. Matsuoka, and O. Takahashi
Symbiosis , 57 51 -55
2012関東山地南縁四万十帯相模湖層群から前期暁新世放散虫化石の産出
猿田一樹・高橋 修
地質学雑誌118 1 53 -58
2011都会で見られる露頭を題材にした環境教育ー神奈川県生田丘陵に分布する更新統を例にー
吉澤健吾・高橋 修
東京学芸大学紀要63 41 -52
2011天草上島東部に分布する上部白亜系姫浦層群の層序と詳細な地質年代
小城祐樹・小松俊文・岩本忠剛・高嶋礼詩・高橋 修・西 弘嗣
地質学雑誌117 7 398 -416
2011
Molecular identification of reproductive cells released from Cypassis irregularis Nigrini (Radiolaria)
Katsunori Kimoto, Tomoko Yuasa, and Osamu Takahashi
Environmental Microbiology Reports , 3 86 -90
2009
Molecular phylogenetic position of Hexacontium pachydermum Jørgensen (Radiolaria)
T. Yuasa, J. K. Dolven, K.R. Bjorklund, S. Mayama, and O. Takahashi
Marine Micropaleontology , 73 129 -134
2009
SEM observations of the fracture morphology of Acantharea (Radiolaria) from the East China Sea, Okinawa, Japan
Kotaro SHIMMEN, Osamu TAKAHASHI, and Tomoko YUASA
Bulletin of Tokyo Gakugei University. Section IV, Mathematics and natural sciences , 61 55 -62
2009
A simple technique to extract small subunit ribosomal DNAs from both host and symbiont of a single radiolarian specimen
Tomoko Yuasa, Osamu Takahashi, and Shigeki Mayama
News of Osaka Micropaleontologists, Special Volume
2009大分県佐伯市宇目町における南部秩父帯床木ユニットの欠如とout-of-sequence thrustとしての仏像構造線
黒木雄治・高橋 修
大阪微化石研究会誌特別号 14 405 -412
2007教員養成系大学の特徴を活かしたサイエンス・コミュニケータの育成
真山茂樹・高橋 修・湯浅智子
科学教育研究31 4 383 -386
2007
Molecular evidence for a diversity of alveolate symbionts and parasites in neritic North Atlantic radiolarians
J. K. Dolven, C. Lindqvist, V. A. Albert, K.R. Bjorklund, T. Yuasa, *O. Takahashi, and S. Mayama
Protist , 158 65 -76
2007ピストンコアサンプルを用いた大洋底堆積物の授業実践
高橋 修・栗田克弘・村上 潤・湯浅智子
地学教育60 13 -22
2006
Phylogenetic position of the small solitary phaeodarians (Radiolaria) based on 18S rDNA sequences by single cell PCR analysis.
T. Yuasa, O. Takahashi*, J. K. Dolven, S. Mayama, A. Matsuoka, D. Honda, and K. R. Bjorklund
Marine Micropaleontology , 59 104 -114
2005
Phylogenetic analyses of the polycystine Radiolaria based on the 18S rDNA sequences of the Spumellarida and the Nassellarida
T. Yuasa, O. Takahashi*, D. Honda, and S. Mayama
The Europian Journal of Protistology , 41 287 -298
2004
PCR primers for the amplification of the nuclear small subunit ribosomal DNA sequences from polycystine radiolarians
T. Yuasa, O. Takahashi, and S. Mayama
Japanese Journal of Protozoology , 37 133 -137
2004
Phaeodarian Radiolaria from the Upper Cretaceous beds of the central Japan
O. Takahashi
Revue de micropaleontologie , 47 119 -125
2004
Molecular phylogeny of the solitary shell-bearing Polycystinea (Radiolaria)
O. Takahashi, T. Yuasa, D. Honda, and S. Mayama
Revue de micropaleontologie , 47 111 -118
2003
Host-symbiont associations of polycystine Radiolaria: epifluorescence microscopic observation of living Radiolaria
O. Takahashi, S. Mayama, and A. Matsuoka
Marine Micropaleontology , 49 187 -194
2000
Tectonostratigraphic study of the Chichibu and Shimanto Belts in the Kanto Mountains, central Japan
O. Takahashi
Journal of the Geological Society of Japan , 106/,836-852
2000
Oceanward shifting of the Hauterivian (Early Cretaceous) arc-trench system in East Asia
O. Takahashi and M. Matsukawa
Geosciences Journal , 4/,187-199
1999
Late Cretaceous (late Campanian-early Maastrichtian) radiolarian biogeography; a reviw
O. Takahashi
GEODIVERSITAS , 21/,739-750
1999
UPPER CRETACEOUS DIATOMS FROM CENTRAL JAPAN
O. Takahashi, M. Kimura, A. Ishii, and S. Mayama
14TH DIATOM SYMPOSIUM 1996, Koeltz Scientific Books , /,145-155
1999
Polyphase accretionary tectonics in the Jurassic to Cretaceous accretionary belts of central Japan
O. Takahashi
The Island Arc , 8/,349-358
1998
Middle Triassic Radiolarians from the Tsukumi Area, Eastern Kyushu, Southwest Japan
O. Takahashi, T. Kawarazaki, and A. Ishii
News of Osaka Micropaleontologists, Special Volume , 11/,115-121
1998
EVALUATION OF NONMARINE BIVALVES AS CHRONOLOGICAL INDICES, BASED ON EXAMPLES FROM THE LOWER CRETACEOUS OF EAST ASIA
M. Matsukawa, M. Ito, K. Hayashi, O. Takahashi, S. Y. Yang, and S. K. Lim
New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin , 14/,125-133
1997
Early Cretaceous paleogeography of Japan, based on tectonic and faunal data
M. Matsukawa, O. Takahashi, K. Hayashi, M. Ito, and V. P. Konovalov
Memoirs of the Geological Society of Japan , 48/,29-42
1996前期白亜紀の東アジアのアンモナイトなどの軟体動物化石と恐竜の古生物地理
松川正樹・高橋 修・林 慶一・伊藤 慎
月刊「地球」18/,742-747
1995
Radiolarian Assemblage-zones in the Jurassic and Cretaceous Sequence in the Kanto Mountains, Central Japan
O. Takahashi and A. Ishii
Memoirs of the Faculty of Science, Kyushu University, Series D, Earth and Planetary Sciences , 29/,49-85
1994露頭でみられる走向・傾斜と岩相分布
高橋 修・石井 醇
構造地質/40,151-
1993
Accretion complexes and related forearc basins in the Cretaceous of central Japan, with special reference to the continuity of accretion tectonism and associated metamorphism
A. Ishii and O. Takahashi
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology , 105/,111-124
1993関東山地南限上野原付近の藤野木?愛川構造線
高橋博昭,石井 醇
東京学芸大学紀要45/,71-81
1993秩父盆地中新統礫岩と基盤の運動
大湖友紀子,石井 醇,岡村三
埼玉県立自然史博物館研究報告11/,37-55
1993関東山地小仏層群南縁部(四万十帯南帯)から漸新世放散虫化石の産出
石井 醇
地質学雑誌99/,289-291
1993最上部白亜系 Amphipyndax tylotus Zone の放散虫化石による古海洋環境の推定
石井 醇
大阪微化石研究会誌特別号9/,261-270
1992東京都西部立川断層沿いの基盤岩の断層変位センス
高橋博昭,石井 醇
地質学雑誌98/,661-664
1992関東山地四万十帯の大滝層群?関東山地四万十帯白亜系の変形過程とデュープレックス構造?
石井 醇
埼玉県立自然史博物館研究報告10/,11-28
1991秩父盆地南西縁部に分布する第三系礫岩層
石井 醇
埼玉県立自然史博物館研究報告9/,21-29
1991秩父地方の秩父中(古)生層地域における地すべり地形の分布と岩質・地質構造との関係
石井 醇,橋本京子
埼玉県立自然史博物館研究報告9/,31-40
1991長野県南佐久郡佐久町に分布する鍵掛沢層(新称)
石井 醇,伊藤孝司
東京学芸大学紀要43/,89-99
1990関東山地西部 川上?須玉地域の地質
石井 醇,林 尚子
東京学芸大学紀要42/,171-181
1990栃谷層の再検討
石井 醇,渡辺嘉士
東京学芸大学紀要42/,183-191
1990関東山地北東部の栃谷層から後期白亜紀化石の産出
渡辺嘉士,浅野浩正,伊能正行,北村恵美子,益子進一,宮地竜彦,石井 醇
地質学雑誌96/,683-685
1990イメージスキャナを利用した面積測定法による色指数測定システム
渡辺嘉士,石井 醇
地学教育43/,181-188
1989関東山地大滝層群から白亜紀放散虫化石の産出
今井秀男,石井 醇
地質学雑誌95/,483-485
1989関東山地奥秩父三峰付近の秩父帯?四万十帯境界
石井 醇
東京学芸大学紀要41/,191-199
1989関東山地南西部増富層群から産出した放散虫化石とその意義
林 尚子,石井 醇
地質学雑誌95/,953-955
研究報告書・調査報告書2012自然史研究の普及・啓発のための教材開発
小泉武栄・松川正樹・高橋 修・和田美貴代・難波清芽・福地慶大
2012地域の特色ある自然環境を活かした自然にかかわる心の育成―島嶼(琉球・奄美)と武蔵野の自然と文化
2010子どもの科学的表現力を高める環境学習プログラムの作成−自然のパターン把握を通して−報告書(第2集)
2009子どもの科学的表現力を高める環境学習プログラムの作成−自然のパターン把握を通して−報告書(第1集)
2009確かな理科授業力のある小学校教員の養成 平成19・20年度報告書
2009持続可能な社会づくりのための環境学習活動~多摩川バイオイリュージョンにおけるエコミュージアムの展開~報告書2008
2008小学校教員の「理科教育力基準」構築に関する研究
2008持続可能な社会づくりのための環境学習活動〜多摩川バイオイリュージョンにおけるエコミュージアムの展開〜報告書2007
東京学芸大学
2007確かな理科授業力のある小学校教員の養成
東京学芸大学理科教育推進委員会 , 35-43
2007地球環境科学を題材とした「総合的な学習」のための実践的教材開発
平成17ー18年度科学研究費補助金(基盤C)研究成果報告書
2007持続可能な社会づくりのための環境学習活動〜多摩川バイオイリュージョンにおけるエコミュージアムの展開〜報告書2006
東京学芸大学
2006野外学習を通して地学リテラシーを育てるための教師教育プログラムの開発に関する研究?最終報告書?
研究代表者 谷田部玲生
平成15-17年度科学研究費補助金 基盤研究B2研究最終報告書
2006分子系統解析からさぐる放散虫の形態進化と分子進化
平成15年度?平成17年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書
2004野外学習を通して地学リテラシーを育てるための教師教育プログラムの開発に関する研究
研究代表者 谷田部玲生
平成15-17年度科学研究費補助金 基盤研究B2研究中報告書
2003分子系統学的視点から見たPolycystineaの細胞内共生の研究
代表者 高橋 修
平成12?14年度科学研究費補助金(基盤C)報告書
2000原生動物に細胞内共生する珪藻の多様性研究
代表者 真山茂樹
平成10?11年度科学研究費補助金(基盤C)報告書
1994教育学部における理科基礎実験授業の改善と実験マニュアルの作成
代表者 大井みさほ
学会発表等2012
Ultrastructural and molecular characterization of cyanobacterial endosymbionts in polycystine radiolarians
Osamu Takahashi, Tomoko Yuasa, and Takeo Horiguchi
Protist 2012 、Oslo, Norway , 73
2012
Ultrastructure and molecular phylogeny of dinoflagellate symbiont from solitary polycystine radiolarian
Tomoko Yuasa, Takeo Horiguchi, and Osamu Takahashi
Protist 2012 , 73
2011地域の特色ある自然環境を活かした自然にかかわる心の育成
「総合的道徳教育プログラム」 , 68-69
2010
Ultrastructural and molecular studies of endosymbiotic dinoflagellates in polycystine radiolarians
T. Yuasa, T. Horiguchi, S. Mayama, and O. Takahashi
The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology 、Kanazawa
2009
Molecular phylogenetic position of Hexacontium pachydermum Jorgensen
12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists 、中国・南京 , 170
2009
Molecular and fine-structural studies of symbiotic algae in Radiolaria
12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists 、中国・南京 , 210
2009放散虫に共生する藻類の多様性と種特異性
第4回日本進化原生生物研究会(JSEP) 、仙台・宮城教育大学 , 10
2009放散虫に共生する渦鞭毛藻,ハプト藻,緑藻およびシアノバクテリアの微細構造観察
日本古生物学会2009年年会予稿集 、千葉大学 , 71
2009放散虫に共生する藻類の分子解析と微細構造観察
湯浅智子・堀口健雄・真山茂樹・高橋 修
日本藻類学会第33回大会(沖縄)プログラム , 72
2009
Molecular phylogenetic position of parasitic and symbiotic algae in radiolarians
Workshop on molecular systematics of Amoebozoa and Rhizaria
2009
Molecular phylogenetic and fine-structural studies of Radiolaria
T. Yuasa, T. Horiguchi, O. Takahashi, and S. Mayama
JSPS Radiolarian bioligy based on paleoceanography workshop
2009神奈川県相模原周辺地域に分布する四万十帯小仏層群(相模湖層群)から産出した放散虫化石群集
猿田一樹・高橋 修
日本古生物学会第159回例会講演予稿集 , 38
2008Hexacontium pachydermum Jorgensenの分子系統
琉球大学熱帯生物圏センター共同利用研究会「有殻原生生物プランクトン研究はどこに向かうのか」
2008
Molecular phylogenetic position of parasitic algae in radiolarians
International Symposium on Protistology "Evolution and Diversity"
2008大学・教委・学校間連携に基づく学習活動のあり方(その1)環境学習プログラムの研究
日本学習社会学会第5回大会
2008神奈川県愛川町周辺に分布する四万十帯相模湖層群から産出した中期始新世放散虫化石
日本地質学会第115年学術大会講演要旨 , 189
2008熊本県天草上島に分布する上部白亜系姫浦層群の複合生層序と地質時代
岩本忠剛・小松俊文・高橋 修・高嶋礼詩・西 弘嗣
日本古生物学会第157回例会予稿集 , 12
2008熊本県天草市牛深町に分布する上部白亜系姫浦層群の地質時代
近藤謙介・小松俊文・岩本忠剛・高嶋礼詩・西 弘嗣・高橋 修
日本古生物学会第157回例会予稿集 , 12
2008現生放散虫の細胞内に寄生するピコプランクトンMarine Alveolate Group I
湯浅智子・K.R, Bjorklund・真山茂樹・高橋 修
日本古生物学会2008年年会講演要旨 , 70
2008三浦半島三崎層から産する中期中新世放散虫化石
日本古生物学会2008年年会講演要旨 , 72
200718S rDNAに基づく放散虫とそれに共生する藻類の系統解析
湯浅智子・真山茂樹・松岡 篤・高橋 修
日本古生物学会第2007年年会講演予稿集 , 74
2007身体で感じたことを科学的表現につなげる地学の授業
高橋 修・栗田克弘・鈴木まき子・湯浅智子
日本地学教育学会第61回全国大会島根大会講演予稿集 , 218-219
2006教育学部で行われる理学色の強い卒業研究と教育界とを結びつける試み:学生が活躍する公開講座の実践と考察
真山茂樹,高橋 修*,湯浅智子
日本生物教育学会 第80回全国大会
2006熊本県上天草市北部に分布する上部白亜系姫浦層群の地質と放散虫化石
岩本忠剛・小松俊文・*高橋 修
日本古生物学会2006年年会予稿集 、島根
2006城ヶ島に分布する第三系を題材にした野外学習
日本地学教育学会第60回全国大会静岡大会講演予稿集 、静岡
2005自然災害から子ども達を守る(基調)
日本地質学会一般公開シンポジウム 、京都
2005Phaeodarea(放散虫)の起源ー化石記録と分子系統解析からー
第2回 日本進化原生生物研究会(神戸)
2005大洋底には何が堆積しているのか??海洋ピストンコアをもちいた授業実践?
日本地学教育学会第59回茨城大会講演要旨 、茨城大学
2005教師教育のための野外学習「教師対象実験授業」
日本地学教育学会第59回茨城大会講演要旨 、茨城大学
2004防災教育と市民の素養としての科学リテラシー
日本学術会議:科学のための科学を基礎にした社会のための科学に向けた新世紀の科学教育 、日本学術会議
2004分子系統解析から示される放散虫の分類に関する新展開
日本古生物学会2004年年会予稿集 、北九州市立自然史歴史博物館
2004上部白亜系から産出するPhaeodareaとその起源
日本古生物学会2004年年会予稿集 、北九州市立自然史歴史博物館
2004分子解析から示される原生生物放散虫類の系統関係
日本進化学会第6回大会講演要旨 、山口大学
2004理科総合Bにおける地学と生物を統合した教科横断的な学習プログラム
日本地質学会第111年学術大会講演要旨 、千葉大学
2004河川とその流域を題材にした環境変化の学習プログラム
日本地学教育学会第58回全国大会 、岡山理科大学
200418S rDNAに基づく放散虫類の分子系統関係
日本原生動物学会第37回大会(山口)講演要旨 、山口大学 , /,13-
2003有殻単体性放散虫Spongodiscidae科数種の分子系統解析
日本古生物学会第152回例会 、横浜国立大学
2003共生藻を持つ放散虫の分子系統
日本藻類学会第27回大会 、三重大学
2003教員養成系大学における小中学校の教員養成
日本地質学会第110年学術大会講演要旨 、静岡大学
2003放散虫の系統の新しい見方?放散虫の分子系統解析にむけて?
日本進化原生生物学会 金沢大学 、金沢
2003有殻単体性放散虫の分子系統
日本進化原生生物学会 金沢大学 、金沢
2003放散虫および有孔虫に細胞内共生する藻類
日本進化原生生物学会 金沢大学
2002防災教育の学際化に向けての地学教育の役割?なぜ動的変動観が必要なのか?
日本地学教育学会第56回全国大会 、山口大学
1997大分県津久見地域秩父帯南帯の中期三畳紀放散虫化石群集
形の科学・第39回シンポジウム「放散虫と形の科学」 、新潟大学
1996白亜紀中頃に認められる付加テクトニクスの衰退
日本地質学会第103年学術大会 、東北大学
学術研究・教育上の開発2006新しい科学2分野上教師用指導書CD-ROM地質資料(全国版)2006
2002新しい科学2分野上教師用指導書CD-ROM地質資料(全国版)
1996学習ソフトウエア「大地は語る」
その他2012理解することのできない時間の長さを知るために—付加体の形成を物質循環の視点から捉える—
2012冥王代,始生代(太古代)の地球
2009風のつくるかたち 多摩六都科学館 展示解説ガイドブック
2007理科授業で使える面白教材?キラキラころころ砂つぶにズームイン!.楽しい理科授業,489,表紙3,4
2005日常的な経験・体験と科学的見方を結ぶ接点をどうつくるか?科学的な素養を身につけ現象をとことん追求する.楽しい理科授業,3,30-31.
2004ヒトの時間・地球の時間.教科の窓,東書Eネット(http://ten.tokyo-shoseki.co.jp/index.html),2004/12
最近5年の業績  
ページの先頭へ

Copyright Tokyo Gakugei University 2004 All rights reserved.
国立大学法人 東京学芸大学
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1