芸術・スポーツ科学系

芸術・スポーツ科学系 教員紹介 前のページに戻る
  小森 伸一(Ph.D:ブリティッシュ・コロンビア大学)/  学長補佐 コモリ シンイチ 准教授

所属研究組織 芸術・スポーツ科学系健康・スポーツ科学講座体育学分野環境教育研究センター野外教育研究部門
所属教育組織 保健体育科教室 生涯スポーツ教室
専門分野 ホリスティック教育;サステイナビリティ教育(持続可能な社会のための教育);野外・環境教育;レクリエーション;体験学;幸福学
現在の研究課題 自然度の高い環境下において自然および他者との建設的コミュニケーションに基づく共同/協働活動、生活をすることで、「地球環境」・「周囲出来事(他存在)」・「自己」の有益な認識と理解の拡大を促進する教育学の研究(理論と実践、方法論、指導論)。また、その相互関連的三要素(三位一体)の調和的かつ創造的な言動(思考・言葉・行動)が持続可能な社会(地球)の構築に貢献するための教育理論と実践。さらに、直接体験して得た知識が日常生活での具体的な実践をもたらす学習理論および実践の発展。 現行社会での持続可能な社会(コミュニティ)の具現化。
研究課題のキーワード 野外活動、野外教育、環境教育、野外・環境教育、エコロジカル教育(Ecological Education)、ホリスティック、ホリスティック教育 (Holistic Education)、サステイナビリティ、サステイナビリティ教育 (Sustainability Education)、経験教育、持続可能な社会/地球/未来、レクリエーション、アウトドア、グループワークゲーム、コミュニケーション(能力)、自然環境、地球、環境認識、他者理解、自己理解、組織キャンプ(教育キャンプ)、旅、成長、共同(協働)生活、シンプル生活、ボランタリ・シンプルシティ、必要にして足る、調和、創造、感性、相対性/関係性哲学、東洋哲学(東アジア)、活学(living-learning)、、プロセス哲学、ディープ・エコロジー(Deep Ecology)、社会変革(Social Change/Transformation)、幸福学、ポジティブ心理学、体験学
学位 Doctor of Philosophy
学会における活動 日本野外教育学会(常任理事:広報委員長)、日本環境教育学会、日本レジャー・レクリエーション学会
社会における活動 ホリスティック教育協会(運営委員)、日本キャンプ協会(運営委員:調査・安全委員会)、大学スケート研究会(常任理事)、NPO法人 障害者自立支援団体Pippi(理事)、NPO法人東京学芸大こども未来研究所(理事)、一般社団法人教育支援人材認証協会(事務局長)・青少年体験活動奨励委員会(委員長)
担当授業科目
学部春学期 保健体育科演習  野外環境教育学  野外環境教育指導演習  野外環境教育実習(夏季)  学芸フロンティア科目E  スポーツ・フィットネス実習  保健体育選修入門セミナー 
学部秋学期 スケート実習 
学部通年
修士課程/教職大学院 春学期 特別研究Ⅰ  特別研究Ⅲ  野外・環境教育学特論(a)  Global Citizenship and Education  次世代日本型教育 理論と実践・基礎 
修士課程/教職大学院 秋学期 特別研究Ⅱ  野外・環境教育学特論演習(a)  フィールド研究A  特別研究Ⅰ 
修士課程/教職大学院 通年
特別専攻科
博士課程  
留学生対象科目
 
2019年
著書大学スケート研究会60周年記念誌
大学スケート研究会
ワンダフルスポーツ2019-2021(中学校体育実技者):「アウトドアスポーツ」
新学社(京都/東京) , 311~315
研究報告書・調査報告書森永リトルエンゼル育成事業における教育的効果の研究2018
小森伸一・布施梓
小森研究室(東京)
2018年
著書児童心理
金子書房
東京
子ども理解のための名著33冊
金子書房
東京
野外教育学研究法
杏林書院 , 29~39
東京 , 29~39
論文海洋性レクリエーション活動を中心とした実習体験によって生起されるポジティブな感情・認識についての研究 ―大学生を対象にしたテキストマイニング分析にもとづいて ̶
Study on Positive Emotions/Recognitions Arisen by Praxis Experience Focusing on Marin Recreational Activities: Based on Text-Mining Analysis on College Students
小池太 小森伸一 山田亮
東京学芸大学紀要 芸術・スポーツ科学系70 137 -161
Bull. Tokyo Gakugei Univ. Division of Arts and Sports Sciences , 70 137 -161
小学校特別活動における「自然の中での集団宿泊体験」によって得られる教育効果とは何か ―「生きる力」を育む野外教育理論を視座において―
What Are Educaional Effects Obtained from “Resident Experience as a Team in Nature” on Special Activities of Official Curriculum Guidelines?: From the Viewpoint of Outdoor Education Theory Enable to Cultivate “Zest for Living.”
小森伸一 小池太
東京学芸大学紀要 芸術・スポーツ科学系
Bull. Tokyo Gakugei Univ. Division of Arts and Sports Sciences
サティシュ・クマールのホリスティック思想とは何か ―その理念形成の背景をふまえて―
What is a Holistic Idea of Satish Kumar?: Based on the Background of Theoretical Origin
ホリスティック教育/ケア研究21 9 -25
組織キャンプ「森と食の探検隊」の体験が育む子供への教育的効果とは ― 「SEAS」調査を活用したフィールドスタディにおいて―
What are Educational Effects on Children Foster by Experiencing the Organized Camping “Expedition of Woods and Food?”: Based on the Field Study Using “SEAS” Research
環境教育学研究 27 1 -35
研究報告書・調査報告書平成29年度 体験活動推進プロジェクト「青少年体験活動の評価・顕彰制度に関する調査研究」報告書
(一社)教育支援人材認証協会(東京)
森永リトルエンゼル育成事業における教育的効果の研究2017
小森研究室(東京)
2017年
論文小学校特別活動における「自然の中での集団宿泊体験」 を通して子供たちは何を学ぶのか : 野外教育理論の観点 から
What Do Children Learn through“Resident Experience as a Team in Nature” on Special Activities of Official Curriculum Guidelines?: From the Viewpoint of Outdoor Education Theory
東京学芸大学紀要. 芸術・スポーツ科学系69 167 -182
研究報告書・調査報告書森永リトルエンゼル育成事業における教育的効果の研究2016
小森研究室(東京)
平成28年度 体験活動推進プロジェクト「青少年体験活動の評価・顕彰制度に関する調査研究」報告書
(一社)教育支援人材認証協会(東京)
学会発表等
What is Education Support?: New Trends in Public Education in Japan

Values in Japanese Curriculum and Schools
2016年
著書ワンダフルスポーツ2016-2018(中学校体育実技書)
新学社(京都)
研究報告書・調査報告書森永リトルエンゼル育成事業における教育的効果の研究2015
小森研究室(東京)
平成27年度 体験活動推進プロジェクト「青少年体験活動の評価・顕彰制度に関する調査研究」報告書
(一社)教育支援人材認証協会(東京)
2015年
著書「体験」がもたらす子どもの成長(児童心理:2015年8月号 /臨時増刊号)
金子書房(東京) , 64~69
研究報告書・調査報告書森永リトルエンゼル育成無人島探検隊(社会貢献事業)における教育的効果の研究2014
小森 伸一
小森研究室:東京
Komori Lab.: Tokyo
これ以前の業績  
ページの先頭へ

Copyright Tokyo Gakugei University 2004 All rights reserved.
国立大学法人 東京学芸大学
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1