人文社会科学系

人文社会科学系 教員紹介
2009年以前の研究業績
著書2009社会科教育の再構築をめざして―新しい市民教育の実践と学力
Re-construction of social and history education – from the face of modern history
坂井俊樹、李修京他
東京学芸大学出版会 , 128~141頁
Tokyo Gakugei Press , 128~141頁
2009国際社会で活躍した日本人-明治~昭和13人のコスモポリタン
The pioneers, their impact on international society
植木武・井竿富雄・亀田帛子・河上眞理・小林竜一・高瀬彰典・服部研二・湊晶子・盛香織・安冨成良・安冨信哉・李環媛・李修京
弘文堂、東京 , 1章 楠本イネ  日本初の女性産科専門医
Kobundo,Tokyo , 1章 楠本イネ  日本初の女性産科専門医
2009多喜二の視点から見た 身体 地域 教育
Body, region and education from the view of Takiji
李修京、荻野富士夫、山本眞樹夫、佐野力、Linda Flores、VeraMackie、安倍オースタッド玲子、神村和美、中川成美、 Heather Bowen-Struyk、小森陽一、河西英通、高橋秀晴、 尾西康充、鳥木圭太、王成、島村輝、朴眞秀、岡村 洋子、Adrienne Carey Hurley、岡野幸江、北村隆志、秦 剛
国立大学法人小樽商科大学出版会、紀伊国屋書店 , 187~200頁
Otarushoka University Press , 187~200頁
2008『「文芸戦線」とプロレタリア文学』
Literary Front’ and the proletarian literature
種蒔く人」「文芸戦線」を読む会編
東京龍書房 , 全体編集・修正・加筆
Ryu Shobo,Tokyo , 全体編集・修正・加筆
2008北京師範大学日文系編『日語教育与日本学研究論叢』北京,学苑出版社、2008.9
Japanese Language Education and Study of Japan Research,
山田有策、大井田義彰、李修京、王志松、王成、大高洋司など
北京,学苑出版社 , 15~49頁
Beijing , 15~49頁
2008わかりやすい韓国語 初級中級攻略
Comprehensive Korean
李修京*、金貞愛、梁禮先、金範洙、都奇延。
白帝社、東京 , 全般的な修正・加筆・編集担当
Hakuteisha,Tokyo , 全般的な修正・加筆・編集担当
2008『 多言語・多文化へのまなざし―新しい共生への視点と教育―』
The views of multi-lingualism and multi-culturalism―viewpoints and education toward new coexistance―
赤司英一郎、李修京、石木隆治、稲見正治、荻野文隆、加藤富美子、川崎誠司、木村守など。
白帝社、東京 , 37~56頁
Hakuteisha,Tokyo , 37~56頁
2008『アジアをかける日本近代文学』
Modern Japanese literature prevailing through Asia
李修京、王志松、山田有策、内田道雄、大井田義彰、謝志宇他
東京学芸大学 日本語・日本文学研究講座 , 98~106、117~119、122~125頁
Tokyo Gakugei University Japanese Literature Research Koza , 98~106、117~119、122~125頁
2008プルナンバダ(怒った海)
Live hearings of modern history from Professor Yi sookyong
朴禮粉著
チョンゲグリ(ソウル) , 166~183頁
seoul , 166~183頁
2007『体験なき「戦争文学」と戦争の記憶』
War literature without experiences and the memories of wars
高良留美子、小林孝吉、原仁司など。
晧星社 , 166~192頁
2006『韓国と日本の交流の記憶』
Memories of interrelation between South Korea and Japan: Establishment of the future of Japan and South Korea
井竿富雄、李修京*、大日方悦夫、大和田茂、岡野幸絵、波潟剛、金貞愛、梁禮先など
東京、白帝社 , 全体編集と半分以上の執筆
Hakuteisha,Tokyo , 全体編集と半分以上の執筆
2006いま中国によみがえる小林多喜二の文学
The restoration of Kobayasi Takiji’s literature in present China
白樺文学館多喜二ライブラリー、*李修京、島村輝、伊豆利彦、大和田茂など
東銀座出版社、東京
HigashiginzaShuppansha,Tokyo
2006『平和を拓く』
frontier the peace
*李修京、安斎育郎、ヨハン・ガルトゥング、岡本三夫、杉江栄一、沢田昭二、P・ヴァン・デン・デュンゲン、佐藤史郎、松村博行、阿部敦、天野圭二、奥本京子、藤田明史など
かもがわ出版、京都 , 第12章
kamogawa shuppan,kyoto , 第12章
2005この一冊でわかる韓国語と韓国文化
Korean and Korean culture ―the general Korean culture
李修京
明石書店、東京
Tokyo,Akashi shoten
2005フロンティアの文学
The Literature of the Frontier” ,The circumstances of journalism in Japan-
『種蒔く人』『文芸戦線』を読む会編
論創社、東京
Ronsosha,Tokyo
2005帝国の狭間に生きた日韓文学者(学術研究助成金による出版、日本女性文学賞受賞)
Japanese and Korean writers lived in between the two Empires(Published by subsidy of academic research. Awarded Japan Women Culture prize)
李修京
緑陰書房
Ryokuin Shobo
2005『「種蒔く人」の精神』
The Spirits of Tanemakuhito
「種蒔く人」研究会編
DTP出版、東京 , 218-248
2004『世界史の中の関東大震災』
The Great Kanto Earthquake inside the world history”, South Korea- Japan solidarity and pacifist movement in modern times, committee of 80th anniversary event of The Great Kanto Earthquake
*李修京、山田昭二、関東大震災80周年記念行事実行委員会委員
日本経済評論社、東京
NihonKeizaihyouronsha,Tokyo
2004『変動社会における子どもの社会化に関する国際比較研究』
International comparison studies of socialization of child in a changing society
山口県立大学国際共同学術調査研究教育班
瞬報社、山口 , 第4章+韓国側の統計・翻訳全般
Jyunposha,Yamaguchi , 第4章+韓国側の統計・翻訳全般
2004ハングル読本―基礎から読解まで
The Hangul reader,basic to reading
李修京*ほか
明石書店、東京 , 全体の編集・修正・多くの部分を執筆している。
Tokyo,Akashi Shoten , 全体の編集・修正・多くの部分を執筆している。
2004『小林多喜二生誕100年・没後70周年記念シンポジウム記録集』
Symposium records: anniversary of 100th years of birth and 70th years of death of Takiji Kobayshi” ,Takiji library(ed.), The Clarte thought and Japanese writers
白樺文学館多喜二ライブラリー編
白樺文学館多喜二ライブラリー
2003『韓国の近代知識人と国際平和運動』(日本科学研究費出版助成金による)
Modern intellectuals of South Korea and international pacifist movement
李修京
明石書店、東京
Tokyo,Akashi Shoten
2001『地域から世界へ』
From the region to the world
渡辺克義、*李修京、井竿富雄、片山弘基、松井範惇、Wojciech Usakiewicz、三宅
山口新聞社 , 韓国文化事情―伝統と国際化の融合社会へ―、9~46頁
Yamaguchi Shinbunsha , 韓国文化事情―伝統と国際化の融合社会へ―、9~46頁
2000『クラルテ運動と「種蒔く人」』
Clarte Movement and Tanemakuhito
安齋育郎、李修京*
御茶ノ水書房
Ochanomizu Shobo
1999『「種蒔く人」の潮流』
The stream of‘The Sower
祖父江昭二、大崎哲人、布野栄二、須田久美、大和田茂、藤田富士男、李修京*、高橋秀晴、北条常久、工藤一紘
文治堂、東京
Bunjido,Tokyo
論文2009山縣五十雄と植民地時代朝鮮の御用英字新聞『セウル・プレス(The Seoul Press)』
Iso YAMAGATA and The Seoul Press in colonial Korea
季論21 第7号
Kiron21
2009군국주의의 무력행위에 저항한 문학청년 고찰 ;윤동주、고바야시 다키지、츠루 아키라、마키무라 코를 중심으로
Young Literati in the Resistance against militarism and the struggle for Peace in Japan---A Study : Mainly YOON Dongjoo, KOBAYASHI Takiji, TSURU Akira, and MAKIMURA Ko
亜細亜文化研究 17 121 -162
Bulletin of Kyongwon University,Asia Culture Research No.17
2009「武力に抵抗し、平和を希求した若き文学者たち:尹東柱、小林多喜二、鶴彬、槇村浩を中心に」
Fights against the force and pursuing the peace by the juvenile writers;Yoon Dongjoo,Kobayashi Takiji, Tsuru Akira and Makimura Ko
東アジアにおける平和的共生の模索 日韓共同国際学術セミナー要旨集 88 -100
2009大和地方の百済の名残から現代の韓流文化
From the trace of Baekjea(Kudara) in the Yamato district to the modern Korean cultures
第2回百済文化国際シンポジウム予稿集
The 2nd International Symposium From Yamato/ Asuka/Nara Age To Future
2009「歴史の書き換えに抗して 女性文学者の作品考察」
Responsibility of the rewriting the history - the point of view from the modern history and the works of women writers
社会文学 30
Japan Social Literature,No.30
2009「小林多喜二の時代認識と同時代のプロレタリア作家についての考察」
On Understanding the Era of Kobayashi Takiji and Porletarian Novelists who were his Contempories
『東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅰ』 60 233 -246
Bulletin of Tokyo Gakugei University Division of Humanities and Social Sciences 1
2009「韓国の首都圏新都市における高級教育の格差問題に関する考察:盆塘新都市を事例として」
A Study of English Education on Elementary School in Bundang, South Korea
東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅰ』 60 267 -282
Bulletin of Tokyo Gakugei University Division of Humanities and Social Sciences 1
2009日本の近代史の課題
Issues in modern history:The perspective from Japanese text books regarding history, geography and cartography before the War(WWⅡ)
『東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅰ』 60 247 -266
Bulletin of Tokyo Gakugei University Division of Humanities and Social Sciences 1
2009「韓国の教育事情」
Situation of education in Korea
『季論21』 3 144 -155
Intellectual and Creative KIRON
2008Kimdooyong and Kobayasi Takiji
Kimdooyong and Kobayasi Takiji (Oxford sympo. Paper
Intl. Takiji Symposium in Oxford University
2008「韓国の近代文学者と日本」
Modern Korean writers and Japan
季刊誌『文学と意識』秋号 74号 271 -286
Literature and Issue
2008「戦争と文学―クラルテの思想と知識人の役割―」
War and literature – the role of intellectuals and thought of Clarte
『季論21』 創刊号 166 -177
Tokyo, Intellecual Megazine KIRON21,No.1
2008宇部の長生炭鉱と戦時中の朝鮮人労働者
The Cho-Sei coal mine in Ube under WWⅡ, and Chosen labors
『東京学芸大学人文社会科学系Ⅰ』第59集 105 -119
Bulletim of Tokyo Gakugei University Division of Humanities and Social Sciences 1 , 第59集 105 -119
2008「『セウル・プレス(The Seoul Press)』と朝鮮植民地統治政策の一考察
English newpaper "The Seoul Press"first publication and the colonial administration of Chosen
東京学芸大学人文社会科学系Ⅰ 59号 121 -130
Bulletim of Tokyo Gakugei University Division of Humanities and Social Sciences 1
2007金斗鎔の思想形成と反帝国主義社会運動
ormation of thoughts and anti-imperialism social movements of KIM Dooyong
『日本語文学』第38輯38輯 360 -380
Institution of Japan Language and Literature in Korea,No.38 , 38輯 360 -380
2007近代史の影を見つめて 金熙明
Watching the shadows of modern history KIM Heemyong
『社会文学』第26号 26 173 -186
Japan Social Literature,No.26
2007金熙明の反帝国主義思想と社会運動
Anti-imperialism thoughts and social movements of KIM Heemyong
日本語文学会第36輯 255 -288
Korea Japanese and Japan Literature Institution, No.36 , 第36輯 255 -288
2007朝鮮王妃殺害事件の再考
Re-examination of the murder case of Queen Myongsung of Choson
東京学芸大学紀要 人文社会科学系 ISSN1880-4314 93 -105
Bulletion of Tokyo Gakugei University,Division of Humanities and Social Sciences 1, No.58
2006
Resolving Issues of War and Japan`s Future Role
International Society for Universal Dialogue Official Home Page http://www.isud.org/papers_hiroshima/Sookyung_YI.doc
2006日本の「北朝鮮脅威論」を考える
Examining ‘The theory of the threat of North Korea’ in Japan
『インパクション』第155号 155 34 -39
IMPACTION
2006国際情勢と日本・北朝鮮の動きから東アジアの平和構築を考える
Development of peace in East-Asia from the movement of Japan and South Korea, and the international situations
『亜細亜文化研究』 第11輯 229 -256
Seoul, Asia Culture Research, No.11, Kyongwon University Press
2006韓流と韓日中の文化交流の実践課題と展望(近刊、論文提出済)
Hanryu and survey of cultural exchange between Korea, Japan and China
韓流フォーラム春川物語2005論文集(韓国翰林大学・九州大学共催)
Hanryu Forum, Story for Choonchun
2006戦後史の記憶としての「朝鮮」
Korea’as memories of the post-war history
日本社会文学23 126 -129
Japan Social Litearture , 23 126 -129
2006日本の‘韓流’現象と日韓交流の諸課題
Japan-Korea Interrelations and The Phenemer of Hanryu in Japan
東京学芸大学紀要人文社会科学系Ⅰ-57号57 85 -96
2006上高地に彷徨う朝鮮人労働者の魂(原文は韓国語)
The wandering soul of Korean labours in Kamikochi
月刊朝鮮2006年正月号
Monthly Choson , 2006年正月号
2005일본의 한류 현상과 한일 교류의 과제
“The issues (problems) of Hanryu (South Korea wave) phenomenon in Japan and interrelationship between South Korea and Japan”
比較文化研究 200517巻 77 -93
Comparative culture research 2005 , 17巻 77 -93
2005韓国におけるアメリカの一考察
Research on the United state of America in Korea
国際文化学研究科論集第6
Yamaguchi Prefecture University,Graduate School of International Culture,No.6 , 第6
2005国境を越えた文化交流
Cultural Exchange Across National Frontiers
国際文化学部紀要 第11 1 -10
Bulletin of the faculty of International Studies
2004「『文芸戦線』における朝鮮人作家・金熙明(キムヒミョン)」
Korean writerKIM Heemyong in ‘Literary Front’
『社会文学』第20
Japan Social Literature , 第20
2004「多文化共生社会と‘非戦」
Multicultural symbiotic society and anti-war
学会誌『初期社会主義研究』第17号
Early socialism research,No.17 , 第17号
2004「文化交流と平和社会の創造」
Creation of cultural exchanges and peaceful society
日本平和学会編『平和研究:芸術と平和』第29
Art and peace,Japan Peace Institution , 第29
2004「関東大震災直後の朝鮮人虐殺と日韓報道考察」
Researches on Korean massacre and journalism of Japan and South Korea immediately after The Great Kanto Earthquake
国際文化学部紀要第10
Yamaguchi Prefecture University Faculty of International Culture,No.10 , 第10
2004「現代韓国のジェンダー論研究の一考察」
Research on gender studies in modern South Korea
国際文化学研究科論集第5
Yamaguchi Prefecture University,Graduate School of International Culture,No.5 , 第5
2003現代韓国における青少年事情
Circumstances of juveniles in modern South Korea
国際文化学部紀要第9
Yamaguchi Prefecture University Faculty of International Culture,No.9 , 第9
2002韓国における日本近代文学運動の評価考察
Evaluation research of modern Japanese literary movement in South Korea
国際文化学部紀要第8
Yamaguchi Prefecture University Faculty of International Culture,No.8 , 第8
2000近代日本における知識人の動向(II)
The trends of intellectuals in modern Japan Ⅱ
言語文化研究論集第11巻 第4号
Ritsumeikan Language and Culture Research,No.11-4 , 第11巻 第4号
2000植民地中期における朝鮮社会と知識人たち
Korean society and Korean intellectuals in the middle of colonial period
「産業社会論集」第36巻 第1号
Ritsumeikan Sansharonshu,No.36-1 , 第36巻 第1号
2000植民地期の金基鎮及び関連知識人研究
Dissertation concerning “ Researches on KIM Kijin and related intellectuals in colonial period
1999朝鮮における「暗黒期」の知識人層の実態―1940年から解放までにみる親日的動向(II)
The Circumstances of the intellectual classes existed in a dark age of Korea – pro-Japanese trends seen from 1940 to liberationⅡ
言語文化研究論集第10巻 第5号
Ritsumeikan Language and Culture Research,No.10-5 , 第10巻 第5号
1999近代日本における知識人の動向(I)
The trends of intellectuals in modern Japan Ⅰ
言語文化研究論集第11 第3号
Ritsumeikan Language and Culture Research,No.11-3 , 第11 第3号
1998朝鮮における「暗黒期」の知識人層の実態―1940年から解放までにみる親日的動向(I)
The Circumstances of the intellectual classes existed in a dark age of Korea – pro-Japanese trends seen from 1940 to liberation I
言語文化研究論集第10 第3号
Ritsumeikan Language and Culture Research,No.10-3 , 第10 第3号
1998八峰・金基鎮の初期文学思想の形成―日本留学とKAPF結成までの動向を中心として
Formation ofPalbong KIM Kijin’s early literary thoughts – mainly from studying in Japan and the trends until the organisation of KAPF
産業社会論集第33巻 第3号
Ritsumeikan Sansharonshu No.33-3 , 第33巻 第3号
1997韓国の文学におけるフェミニズム
Feminism in the literature of South Korea
『社会文学』第11巻
Japan Social Literature , 第11巻
翻訳2009季論21 秋号
李修京
本の泉社
2009日韓共同国際学術セミナー要旨集,2009.07.10
李修京
ソウル、キョンウォン大学
Seoul
2009大和地方の百済の名残から現代の韓流文化
李修京
奈良教育大学
2009平和のための祈り
pray for peace
李修京
ソウル、国学資料院
Seoul,Korea KookhakJaryowon
2008『季論21』秋号
*李修京
2006「韓国における戦争の記憶と文学」
李修京*
「日本社会文学会」不二出版
2006『人はなぜだまされるか』
李修京*
英姜出版社、ソウル
YoungKangSa,Korea Seoul
2005「鄭芝溶の日本語詩研究」
李修京*
山口県立大学国際文化学部紀要第11号
2004「韓国最初の女性記者・李王玉璟の生涯考察」
李修京*
山口県立大学国際文化学部紀要」第10号
1999『黎明の歳月』
李修京*
図書出版ジョウンナル
日本クリスチャン新聞
1995『核兵器のない世界へ』
A Nuclear- weapon- free world
安齋育郎、小沼通二、沢田昭二、杉江栄一監訳
かもがわ出版
Westview Press Inc.,
学会発表等2009東アジア文化共同体と国際交流
동아시아 문화 공동체와 국제 교류
李修京*
International Conference on Educational Researches in Asia on 3-4 December 2009 、Busan,Korea
International Conference on Educational Researches in Asia on 3-4 December 2009 、Busan,Korea
2009「クラルテ」運動からの世界的な広がり:バートランド・ラッセルの歩みを考える
李修京*
第58回『種蒔く人』『文芸戦線』を読む会(研究会)2009.12.26 、日本東京
2009한일양국의 문화교류와 상호인식(韓日両国の文化交流と相互認識)
李修京
第12回 国際学術大会 동아시아의 문화교류와 상호인식(東アジアの文化交流と相互認識)、091106 、韓国ソウル , 152-159
2009平和共生を希求した韓日文学者を考える
李修京
東アジア空間における平和的共生模索 日韓共同国際学術セミナー.2009、07、10 、東京 , 88~115頁
2009大和地方の百済の名残から現代の韓流文化へ」
第2回百済文化国際シンポin奈良教育大学,2009.06,12-13 、日本奈良市
2009日本における韓流再考
Rethinking of Korean Culture Waves in Japan
YI SOOKYUNG
Rethinking of Korean Culture Waves in Japan 、香港
2008韓国の近代文学思想と日本
李修京
2008「国境を越えるアジアポップカルチャー」
李修京
2008Kim Dooyong and Kobayashi Takiji
Kim Dooyong and Kobayashi Takiji
YI SOOKYUNG
Kim Dooyong and Kobayashi Takiji 、Oxford,England
2008中西伊之助と日韓の文学運動
李修京
2008「現代社会と人権問題について(韓日交流)」
李修京*
『文教ニュース No.21〈人権教育特集〉』 、佐賀市 , pp.35-50
2007「平和学の挑戦」部会責任および司会
李修京
日本平和学会2007年春期大会報告 、日本東京
2007「アジアの女性文学」シンポジウムコメンテーター
日本社会文学春期大会ニュースレター 、日本東京
2006韓国の推理文学について
李修京*
2005韓日文学交流の回顧と成果―鄭芝溶, 尹東柱, 呉相淳と韓國詩壇(仁川大学)
李修京*
2005韓流文化の成果とアジア文化交流の課題
李修京*
韓流フォーラム春川物語2005 、韓国春川DoosanResort , 137~141頁
Korean Wave Forum Chuncheon 2005 、韓国春川DoosanResort , 137~141頁
2005特別講演「日本における韓流現象と日韓交流の課題考察」
李修京*
2005年度比較文化研究所学術講演(韓日日韓・アジア教育国際会議) 、韓国釜山外国語大学
2005現代韓国の子育て事情と教育状況
李修京*
2005この時代の‘クラルテ’としての多喜二と尹東柱
李修京*
小林多喜二国際シンポジウム集 、中国河北大学
2004日本の平和協力を考える
李修京*
韓国におけるアメリカ軍について 、広島大学
2004「韓国の放課後教育の実態」
李修京*
日本国際文化学会輯 、神戸大学
2003バルビュスに関わった日本の文学者
李修京
2003山口県家庭教育学会国際シンポのコミッション・コメント(指導・助言)
李修京*
2002韓国におけるジェンダー研究の現状
李修京
2001大学における平和教育―社会の諸問題・戦争の意味を問いかける映画使用とインターネット上の速報利用
李修京*
「第29回全国平和教育シンポジウム」集 、広島女学院大学
学術研究・教育上の開発2009講演:「日本教」のコーディネイター・司会
2009東京学芸大学創立60年=創基136年記念事業 講演会;現代社会と仏教の役割
2009尹東柱追悼前夜祭 企画・主催
2008対馬長崎大学院研究調査活動(大学院生を率いて対馬と長崎の史跡を徹底追究し、報告集を完成)
2008長生炭鉱の生存者の証言を通して戦争を考える
2008韓国初の日本領事館職員となった崔秉大氏による講演「海峡の架け橋」 
2006「近代在日文学者研究」韓国・日本国際学術研究(韓国学術振興会採択済)
2006国際学術講演会「詩と民謡で楽しむ韓国語世界」コーディネイター・司会・通訳
2006在日朝鮮人文学の世界・日韓国際シンポジウム2006(九州大学韓国センター)
2006王妃殺害事件に関する史料解釈の特集記事
2005国際学術講演会「日本の植民地期の韓国言論」コーディネイター・司会・通訳
2002韓日中教育事情の国際学術研究(山口県立大学学術助成金による04年までの3年間プロジェクト)
1995仏・日・韓クラルテ国際シンポジウムin Kyotoのコーディネイター、事務局
その他2009安重根義士の新しい史料 獄中書簡の行方は? 韓日併合100年に記憶し、解決すべき課題を考えながら
안중근 의사 새로운 사료 옥중서간의 행방은? 한일병합 100년에 기억하고 해결해야 할 과제를 생각하며…
『世界韓人新聞』コラム記事
2009三養ラーメンが日本に輸出しないわけ
삼양라면이 일본에 수출하지 않는 이유
新聞 culture column
2009安重根の獄中書簡はどこに
안중근의 옥중서간은 어디에
2009年12月26日『Seoul Culture Today』文化コラム
2009「韓中日米学者らが集まって東アジアの再検討」韓日両国の文化交流と相互認識に関する記事、祝辞(091111~、2面、4面)。
한중일미 학자들 모여 동아시아 재검토-한일양국의 문화교류와 상호인식 설명 기사
新聞記事
2009「明成皇后特集記事2」『Seoul Culture Today』2009年10月28~11月10日、第24、18面。
명성황후 특집기사[명성황후는 능욕당했다 2]
新聞の特集記事
2009「明成皇后特集1」 『Seoul 文化Today』2009年10月14日、1面、18面。
명성황후 특집기사[명성황후는 능욕당했다 1]
2回で載った特集記事(On line, Off lineで公表)
2009「韓流の都から平和を考える」 『週刊新社会』第652号、2009年10月6日付、5面。
新聞掲載
2009「特別寄稿・韓日お祭り祝祭 日本内行事参観記」『Seoul 文化 Today』2009年9月21日、18頁全面掲載。
특별기고 한일축제교류행사 일본내 행사 참관기『Seoul Moonhwa(Culture)Today』
新聞掲載・ネット公開
2009書評、大村益夫編訳『風と石と菜の花と』新幹社、『図書新聞』2009年9月19日、6頁。
新聞掲載
2009「日韓を結ぶ百済文化に脚光」『公明新聞』文化欄、2009年8月30日、6頁
新聞掲載
2009「特別寄稿・百済文化は東アジアの輝かしい遺産」『Seoul 文化 Today』090826,18頁全面掲載。
新聞掲載
2009ハングルで詩を描いたため治安維持法違反となり獄死
週刊紙記事掲載
2009日本の大学で広がったユンドンジュの声
韓国の全国紙のコラム
2009書評、宋友恵著 『空と風と星の詩人 尹東柱評伝』相澤革訳、『北海道新聞』2009年4月12日(日曜日)朝刊、15頁。
新聞記事
2009講演会報告記事「近代韓国の文学思想と日本(下)」『週刊新社会』(第620号)、5頁。
新聞記事
2009講演会報告記事「近代韓国の文学思想と日本(上)」『週刊新社会』(第619号)、5頁。
新聞記事
2009書評、 柳宗鎬著『僕の解放前後 1940-1949』白燦訳、『図書新聞』6頁。
新聞掲載
2008中西伊之助と日韓文学運動
講演
2008新聞コラム 外国から見ると
韓国の全国紙にコラムとして
2008書評、呉香淑著「植民地時代、朝鮮女性は多重の抑圧に抗った」(『朝鮮近代史を駆けぬけた女性たち32人』梨の木舎、2008年) 、『図書新聞』2865号、5頁。
全国紙での書評紹介
2008「国際社会に通用できる‘事実の歴史’を伝える地道な作業に努めよう」『日韓の女性と歴史を考える会会報』創刊号、2-3頁。
研究誌における公表
2007書評、玄 順恵著『私の祖国は世界です』、『公明新聞』、14590号、4面。
新聞での書評
2007書評、ロニーアレキサンダー著『ポーポキ、平和ってなに色?』、『週刊新社会』2007年9月11日、第553号、8面。
新聞での書評
2007私にとっての日本国憲法
『社会文学通信』第81号 憲法特集原稿
20072007年度春期平和学会早稲田大会「平和学の挑戦」
自由論題部会1 責任・司会・報告文(1500字)
2007慰安婦問題、真の解決のために
西野留美子氏との一面全面の対談、『新婦人しんぶん』
2007パネルディスカッション『フェミニスト』金子文子・山川菊栄と反植民地主義
中條克俊氏によるパネルディスカッションの紹介・報告記事
2007北朝鮮脅威論と北東アジアの緊張緩和
『軍縮問題資料』第315号、74~79頁
2007李修京の『韓国と日本の交流の記憶』について
大崎哲人氏による書評、『社会文学通信』第80号
2007北東アジアの連携を
新聞掲載
2006平和の対話で北朝鮮の非核化(上)(下)
週刊時事紙に掲載
2006李修京『韓国と日本の交流の記憶』について
鈴木裕子氏による拙著の書評、『週刊新社会』
2006日本の北朝鮮脅威論を考える
時事雑誌への掲載
2006イラク戦争とその後の国際的動きについて
中央大学大学院講座
2006私の視点 北朝鮮外交
『朝日新聞』朝刊、論壇における発表
2006柳基憲著『もっと高く飛べる羽(ナルゲ)が必要だ』
単行本への依頼原稿
2006北朝鮮核実験に対する武力対応回避の知恵を
雑誌での発表
2006書評、鈴木裕子編『金子文子 わたしはわたし自身を生きる』
『週刊新社会』第509号
2006人権問題の事例から考える多文化社会
中央大学付属高校での講座
2006「韓国朝鮮の食文化」歴史教育者協議会編集『歴史地理教育』No.702
学会誌による依頼原稿
2006「韓国朝鮮の服装文化」歴史教育者協議会編集『歴史地理教育』No.702
2006大学における国際フォーラム開催記事
文教時報
2006書評『危機と闘争―大江健三郎と中上健次』井口時男著
学会誌『社会文学』第23号
2006文芸評論家・大崎哲人による拙著『帝国の峡間に生きた日韓文学者』の書評
学術雑誌『社会文学』23号
2006「韓流は人間社会への復帰促すアジアの財産」
週刊紙より依頼発表
20062005年度女性文化賞決定
『朝日新聞』文芸欄記事
2005日本女性文化賞受賞
毎日新聞
2005女性文化賞に李修京
『女性新聞』に掲載
2005コラム「クラルテと種蒔く人」『ジェンダーの視点からみる日韓近現代史』(梨の木舎)
日韓両国で単行本で同時出版
2005「カップの金基鎭とクラルテ運動」
日韓同時出版『ジェンダーの視点からみる日韓近現代史』梨の木舎
2005書評『小林多喜二の文学』松澤信祐著
学会誌『社会文学』第22号
2005「韓国文化と幼児教育」
講演
2004「時想―韓国映画 なぜ人気」
朝刊トップ面での特集掲載
2004講演「在日韓国・朝鮮人の人権問題と国際化」
講演(JR西日本広島社)
2004外国語‘料理’を味わおう 韓国語の仕組み
周南サテライトカレッジ
2004講演「韓国の文化と教育」
2004第13回山口県韓国語弁論大会審査委員長
下関海峡メッセーにての韓国語大会。
2004現代韓国文化と教育実態
手前講座(山口市立情報芸術センター)
2004国連やEUやアフリカやアジアで使われる国際語としての英語
高大連携事業公開講座
2004講演「北東アジア米国学生集中講座―北東アジアの相互文化交流」(札幌市主催、20040818)
2004「最近の韓国映画から見る儒教文化」
山口東京理科大学コロキウム講師
2004小さな日韓交流:歴史の真実、歴史教科書の問題
第50回山口県母親大会での講座
2004『サンデー山口』における拙編著『ハングル読本』の刊行紹介
写真付きで同書の本の紹介
2004韓国の儒教と現代文化
市民講座
2004韓国社会論集 第二巻第一号
ゼミ論集の出版
2004韓国社会や文化について
山口中央高校への手前講座
2004韓国の文化と習慣
国際ロータリクラブ2710地区による依頼講演
2004近くから国際化 韓国社会と文化
広島呉南ロータリクラブによる依頼講演
2004第13回韓国語弁論大会審査委員長
2003韓国社会について
山口市内大内南小学校からの依頼講演
2003日韓文化交流へのhand in hand
国際ロータリクラブのguest speech
2003第12回韓国語弁論大会の審査委員
弁論大会でのコメントなど
2003第12回山口県韓国語弁論大会委員
下関カモンワープ大会
2003講演「日韓現代社会と人権問題」公開講座
公開講座
2003李修京『近代韓国の知識人と国際平和運動』について
井竿富雄による拙著の書評・紹介、『朱夏』
2003韓国の歴史と社会・文化
徳山サテライトカレッジ講座
2003日韓国際交流の意識の違い
国際ロータリクラブ地区協議会からの依頼講演
2003李修京『近代韓国の知識人と国際平和運動』について
井竿富雄による書評、『週刊新社会』
2003李修京『近代韓国の知識人と国際平和運動』について
学会誌『社会文学』第19号、182~183頁にわたる拙著紹介(文芸評論家・大崎哲人)
2003書評『近代文学の朝鮮体験』南富鎮著『植民地文化研究』2003年第2号、158~160頁
2003時事論説
『軍縮』85頁での発表
2003韓国社会論集 第一巻第一号
ゼミ論集を出版
2003韓国と日本の文化
宮野小学校における手前講座
2003韓国の生活と文化
宮野小学校における文化講座
2003韓国の教育と男女の生活
山口県主催の国際フォーラム
2002金基鎭研究の李修京
大地進『黎明の群像』(秋田魁新報社)にインタビュー記事所収
2002講演「日韓共同シンポジウム―日韓問題にどうアプローチするのか」
講座・シンポ
2002講演「韓国社会と女性の社会進出 」
山口市福祉課主催の講演
2002金基鎭研究と『種蒔く人』研究者・李修京
秋田の『秋田魁新報』文芸部長とのインタビュー
2002韓国の文化
手前講座
2002韓国ってどんな国
山口地域交流ステーション宮野における講座
2001外国語で遊ぼう:言語を通して多文化を楽しむ
講座
2001謙遜な姿勢で教科書つくりを
『週刊新社会』記事化
2001研究発表「大学における平和教育―社会の諸問題・戦争の意味を問いかける映画使用とインターネット上の速報利用」
研究会発表集
2001山口県の面白い大学教員 突進・かたつむり
KRY山口放送
2001研究発表「第一次大戦に参戦したフランスの反戦知識人―バルビュスと『砲火』を中心に 」
研究発表
2001講演「韓国の近現代史と韓日共同教科書作り」
2001研究発表「関東大震災の時の日韓両国の報道事情」
研究発表
2000小牧近江の知識人としての役割
『種蒔く人』研究会での報告3時間(神保町)
1999
Novel deals with travails of WWⅡ `comfort women’
Mainichi Daily News におけるインタビュー紹介
1999『消えぬ傷痕』韓国で刊行
訳者インタビュー紹介、『毎日新聞』朝刊
1999『消えぬ傷痕』日韓同時刊行
訳者による本の説明、経緯などのインタビュー(『日本クリスチャン新聞』)
1999『黎明の歳月』訳者インタビュー放送
韓国KBSラジオ放送:社会教育プログラム
1999京都で学んだ植民地朝鮮の詩人・鄭芝溶の詩の朗読・インタビュー
読売テレビの「京の音」プログラムで放送
1999「親日」と「転向」の解釈と今日的問題の再考
講演
1998金大中大統領来日晩餐会通訳
1996ヒューマニズムが原点
『読売新聞』朝刊、国際学術シンポジウムの背景と内容
1996絶望の時代を生きる方法
月刊誌『兵庫のペン』誌上座談
1996在日外国人に参政権を
『毎日新聞』朝刊
1995老いた乗客に暴言吐く若者
『京都新聞』朝刊
1995APEC大阪大会の公認通訳
最近5年の業績  
ページの先頭へ

Copyright Tokyo Gakugei University 2004 All rights reserved.
国立大学法人 東京学芸大学
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1