自然科学系

自然科学系 教員紹介 前のページに戻る
  西田 尚央 ニシダ ナオヒサ 准教授

所属研究組織 自然科学系広域自然科学講座環境科学分野
所属教育組織 理科(理科教育学)教室 
専門分野 堆積学,海洋地質学,地学教育
現在の研究課題 泥質堆積物の堆積プロセス・堆積環境の解明
研究課題のキーワード 堆積プロセス、堆積環境
学位 博士(理学)
学会における活動 日本地質学会会員(行事委員),日本堆積学会会員(行事委員),日本地学教育学会会員,International Association of Sedimentologists 会員
社会における活動
担当授業科目
学部春学期
学部秋学期
学部通年
修士課程/教職大学院 春学期
修士課程/教職大学院 秋学期
修士課程/教職大学院 通年
特別専攻科
博士課程  
留学生対象科目
 
2019年
著書海陸シームレス地質情報集「房総半島東部沿岸域」,海陸シームレス地質図 S-6
西田尚央・味岡 拓・池原 研・中島 礼・宇都宮正志
産業技術総合研究所地質調査総合センター(つくば市) , 1-17
論文
Constraining sediment provenance for tsunami deposits using distributions of grain size and foraminifera from the Kujukuri coastline and shelf, Japan
Pilarczyk, J.E., Sawai, Y., Matsumoto, D., Namegaya, Y., Nishida, N., Ikehara, K., Fujiwara, O., Gouramanis, C., Dura, T., and Horton, B.P.
Sedimentology
千葉セクション: 下部-中部更新統境界の国際境界模式層断面とポイントへの提案書(要約)
千葉セクションGSSP 提案チーム
地質学雑誌125 1 5 -22
学会発表等埼玉県秩父地域に分布する中新統小鹿野町層の堆積環境
石井さよ・西田尚央
日本堆積学会 2019 年大阪大会プログラム・講演要旨 、大阪市 , 63
河口堆積物形成における洪水流の役割:東京湾多摩川河口干潟
村山正樹・西田尚央・大本拓輝・真山茂樹・藤本光一郎
日本堆積学会 2019 年大阪大会プログラム・講演要旨 、大阪市 , 12
2018年
論文
Mid-Holocene forcing of the Tsushima Warm Current to the coastal environments in southwestern Japan with a view to foraminiferal faunas
Hiroyuki Takata⁠, Naohisa Nishida⁠, Ken Ikehara⁠⁠, Kota Katsuki⁠, Boo-Keun Khim
Quaternary International , 482 56 -66

Paleoclimatic and paleoceanographic records through Marine Isotope Stage 19 at the Chiba composite section, central Japan: A key reference for the Early–Middle Pleistocene Subseries boundary
Suganuma, Y., Haneda, Y., Kameo, K., Kubota, Y., Hayashi, H., Itaki, T., Okuda, M., Head, M.J., Sugaya, M., Nakazato, H., Igarashi, A., Shikoku, K., Hongo, M., Watanabe, M., Satoguch, Y., Takeshita, Y., Nishida, N., Izumi, K., Kawamura, K., Kawamata, M., Okuno, J., Yoshida, T., Ogitsu, I., Yabusaki, H., Okada, M.
Quaternary Science Reviews , 191 406 -430
学会発表等波浪と海流が影響する砂質陸棚の形成過程:房総半島九十九里浜沖海域
西田尚央・味岡 拓・池原 研・中島 礼・片山 肇
日本堆積学会 2018 年秋田大会プログラム・講演要旨 、秋田市 , 31
2017年
学会発表等琉球諸島中部周辺海域の黒潮の影響を受けたコンターライト
西田尚央・板木拓也・天野敦子・片山 肇・佐藤太一
日本堆積学会 2017 年松本大会プログラム・講演要旨 、松本市 , 46
2016年
著書海陸シームレス地質情報集「駿河湾北部沿岸域」,海陸シームレス地質図 S-5
西田尚央・池原 研
産業技術総合研究所地質調査総合センター(つくば市)
論文
Sedimentary processes and depositional environments of a continuous marine succession across the Lower–Middle Pleistocene boundary: Kokumoto Formation, Kazusa Group, central Japan
Nishida, N., Kazaoka, O., Izumi, K., Suganuma, Y., Okada, M., Yoshida, T., Ogitsu, I., Nakazato, H., Kameyama, S., Kagawa, A., Morisaki, M., and Nirei, H.
Quaternary International , 397 3 -15

Microstructure of muddy contourites from the Gulf of Cádiz
Nishida, N.
Marine Geology , 377 110 -117

The use of microstructures for discriminating turbiditic and hemipelagic muds and mudstones
Kase, Y., Sato, M., Nishida, N., Ito, M., Mukuti, M.M., Ikehara, K., and Takizawa, S.
Sedimentology , 63 2066 -2086
学会発表等九十九里浜沖陸棚堆積物の発達過程
西田尚央・味岡 拓・池原 研・中島 礼・宇都宮正志
日本地質学会第 123 年学術大会講演要旨 、東京 , 108
2015年
論文
A reference time scale for Site U1385 (Shackleton Site) on the SW Iberian Margin
Hodell, D., Lourens, L., Crowhurst, S., Konijnendijk, T., Tjallingii, R., Jimenez-Espejo, F., Skinner, L., Tzedakis, P.C., and the Shackleton Site Project Members* (*38 人中 24 番目)
Global and Planetary Change , 133 49 -64
学会発表等沖縄島周辺海域の黒潮反流の影響を受けた深海堆積物
西田尚央・板木拓也
日本地質学会第 122 年学術大会講演要旨 、長野市 , 95

Sedimentary processes and depositional environments of the Kokumoto Formation, Kazusa Group, central Japan: Implications for the GSSP for the base of the Middle Pleistocene stage
Nishida, N., Kazaoka, O., Izumi, K., Suganuma, Y., Okada, M., Yoshida, T., Ogitsu, I., Nakazato, H., Kameyama, S., Kagawa, A., Morisaki, M., Nirei, H.
カディス湾の泥質コンターライトの特徴
西田尚央
日本堆積学会2015年つくば大会プログラム・講演要旨 、つくば市 , 18
これ以前の業績  
ページの先頭へ

Copyright Tokyo Gakugei University 2004 All rights reserved.
国立大学法人 東京学芸大学
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1