人文社会科学系

人文社会科学系 教員紹介 前のページに戻る
  菅 美弥 スガ ミヤ 教授

所属研究組織 人文社会科学系人文科学講座地域研究分野
所属教育組織 多文化共生教育教室 欧米研究教室
専門分野 アメリカ史 移民・マイノリティ研究 
現在の研究課題 人口センサス、人種分類の変遷、トランスナショナルな人の移動、移民政策、異人種間結婚
研究課題のキーワード センサス、人種、トランスナショナルヒストリー
学位 博士(学術)
学会における活動 日本移民学会(副会長)、アメリカ史学会、アメリカ学会(英文ジャーナル編集委員)、American Studies Association、日本国際政治学会、オーストラリア学会
社会における活動
担当授業科目
学部春学期 多文化共生地域論演習A  英語応用Ⅰ  アメリカの歴史基礎演習 
学部秋学期 英語応用Ⅱ  欧米歴史論B 
学部通年
修士課程/教職大学院 春学期 地域研究教育フィールド研究(ba)  地域研究教育研究法(bc)  地域研究教育特別研究Ⅰ 
修士課程/教職大学院 秋学期 地域研究教育フィールド研究(bb)  地域研究教育内容基礎研究法(bk)  地域研究教育特別研究Ⅱ 
修士課程/教職大学院 通年
特別専攻科
博士課程  
留学生対象科目
 
2018年
著書
Japaneseness across the Pacific and Beyond
Japanese Interracial Families in the United States, 1870-1900: What the Census Manuscript Population Schedules Reveal
論文日本人移住史とセンサス史のリンケージ:1860-1870年
Linking U.S. Census History and Japanese Migration History: 1860-1870
菅(七戸)美弥
JICA横浜 海外移住資料館 研究紀要 第12号12 1 -21
2017年
論文
International, Interracial, and Multicultural Families among Japanese Immigrants in New York
JICA横浜 海外移住資料館研究紀要 第11号
「『チャイニーズ』と『ホワイト』との間で―1852年カリフォルニア州センサスにおける中国人をめぐる調査の実態― 」
『オケージョナル・ペーパー』No.74 1 -27
1850年米国センサス調査票にみる「チャイニーズ」の「人種」の境界
『東京学芸大学紀要人文社会科学系』II第68集 59 -78
研究報告書・調査報告書多文化共生教育に関わる教科書研究
東京学芸大学地域研究分野 , 42-52
学会発表等トランスパフィシックな移民・移住史とセンサス史のリンケージ:1860年-1870年
菅(七戸)美弥、松坂裕晃、李里花、徳永悠
日本アメリカ史学会第42回年次大会プログラム・要旨集 、日本・愛知県長久手市 , 15
学術研究・教育上の開発講演会 “Current status of marriage and LGBT equality in America from a transpacific perspective” 講師 John Lewis(Marriage Equality USA,弁護士)の企画・運営・司会
第7回グローバル化教育講演会-夏季集中講座- "A First Encounter with Emily Dickinson" 講師:Dr. Thomas Vendetti (元マサチューセッツ州ブルックトン地区小学校教員) の企画・司会
第7回グローバル化教育講演会-夏季集中講座 "Donald Trump and the Threat to Public Education"(トランプ大統領と公教育の危機)、講師:Thomas Vendetti(元マサチューセッツ州ブルックトン地区小学校教員)の企画・司会
2016年
論文「その他全ての自由人」―「マイノリティ」への米国センサス調査の初期事例―   
『オケージョナル・ペーパー 』No. 68 1 -56
「1850年米国センサス調査票にみる『チャイニーズ』の『人種』の境界」
『東京学芸大学紀要人文社会科学系II』第68集 59 -78
学会発表等
An analysis of the US election results at Temple University Japan Campus (英語による講演)
Robert Dujarric, Joshua Dupuy, Ann Fabian, Ken Moskowitz,
センサスからみるトランスナショナル・インターレーシャルな家族のかたち: 初期日本人移民を事例に、日本女子大学術交流講演会 「ルーシー・クラフト氏のドキュメンタリーからたどる3人の女性のライフ・ヒストリー ―グローバルな視座をもって―」
土屋智子、ルーシー・クラフト、有賀夏紀、安富成良
学術研究・教育上の開発国際ワークショップ 「米国の国勢調査及びアメリカン・コミュニティー・サーベイ(ACS)の調査手法」 企画、司会 (使用言語・英語)
The Survey Methodology of US Population Census and American Community Survey(ACS)
2015年
著書「『アジア』の包摂と排除:19-20世紀転換期米国センサスのポリティクス」、 『エスニック・アメリカを問う 「多からなる一つ」への多角的アプローチ』所収
Searching Ethnic America: Multiple Approaches to "E Pluribus Unum"
「人の移動とアメリカ」研究プロジェクト 編、菅(七戸)美弥、飯野正子、粂井輝子他著
彩流社 , 13~40
論文
Japanese Interracial Families in the United States, 1870-1900: What the Census Manuscript Population Schedules Reveal Population Schedules
Miya Shichinohe-Suga
The Japanese Journal of American Studies
研究報告書・調査報告書「日本人移民と結婚をめぐる越境―20世紀転換期の異人種間結婚を事例として」『越境の動態的地域研究―空間とカテゴリーの越境の地域間比較をめざして―』(平成26年度東京学芸大学重点研究費研究成果報告書) 研究代表者:吉野晃
東京学芸大学教育学部人文科学講座地域研究分野 , 5-11頁
学会発表等
“Recounting International, Interracial, and Multicultural Families among Japanese Immigrants through Census Manuscript Population Schedules”
Miya Shichinohe-Suga
The 49th Annual Meeting of the Japanese Association for American Studies 、Tokyo
学術研究・教育上の開発地域研究と多文化共生 公開レクチャー・シリーズⅠ ―アメリカ・地域研究を教育の視点から考える― (英語による講演、企画・運営・司会)
Sarah Vendetti (Rising Tide Charter Public School, Plymouth, MA) "Charter Public School Education in the US"
地域研究と多文化共生 公開レクチャー・シリーズII ―アメリカ・地域研究を教育の視点から考える― (英語による講演、企画・運営・司会)
Sarah Vendetti (Rising Tide Charter Public School, Plymouth, MA), "What educators can do to inspire girls to pursue science"
国際ワークショップ、「米国国勢調査とAmerican Community Surveyの統計調査システム」企画・運営・司会(使用言語:英語)招待講演者 マーゴ・アンダーセン教授 ウィスコンシン大学ミルウオーキー校
The Statistical System of US Census and American Community Survey, guest lecturer, Margo Anderson (Distinguished Professor of History, University of Wisconsin-Milwaukee)
2014年
著書
"Census Demographic Shifts," _Asian American Society: An Encyclopedia_, ed. by Mary Danico, J. Geoffrey Golson
SAGE Publications, Inc
研究報告書・調査報告書「合衆国第一回センサスにみるマイノリティ―メリーランド州とサウス・カロライナ州の「その他全ての自由人」―」『比較地域研究の新たなフレームワーク構築にむけて―モビリティをめぐるマイノリティとジェンダーの諸相』(東京学芸大学重点研究費研究成果報告書)
東京学芸大学教育学部人文科学講座地域研究分野 , 25~39頁
学会発表等「日系・アジア系をめぐる移民・移住史の課題と展望」移民研究会例会 (於 津田塾大学)
国際シンポジウム「マイノリティとジェンダーの諸相:未来に向けた日米対話」代表、運営、司会
発表者 James Welker (神奈川大学)、池田 宏(特別配偶者(パートナーシップ)法全国ネットワーク)Stuart Gaffney (カリフォルニア大学サンフランシスコ校、Marriage Equality USA)・John Lewis(弁護士、Marriage Equality USA) 司会・コメント 菅 美弥(東京学芸大学)
「米国センサスにおけるマイノリティへの調査実態」日本移民学会第24回年次大会 ラウンドテーブル「マイノリティと名指されること/名乗ること:移民・移住(史)研究の事例から」 (於、和歌山大学)
菅(七戸)美弥、佃陽子、李里花
「『人の移動』と島嶼・海域をめぐる越境世界」日本アメリカ学会第48回年次大会 部会、企画・司会 (於、沖縄コンベンションセンター)
野入直美、李里花、Johanna O. Zulueta、矢口祐人
「オリエント」の包摂と排除:世紀転換期米国センサスのポリティクス、移民研究会例会(於、東京・津田ホール)
学術研究・教育上の開発公開国際シンポジウム「マイノリティとジェンダーの諸相:未来に向けた日米対話」Part I, II 2014年7月16日、19日、東京学芸大学、企画、コーディネーター、司会、コメント
これ以前の業績  
ページの先頭へ

Copyright Tokyo Gakugei University 2004 All rights reserved.
国立大学法人 東京学芸大学
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1