センターなど

センターなど 教員紹介 前のページに戻る
  小柳 知代 コヤナギ トモヨ 准教授

所属研究組織 総合教育科学系環境教育研究センター野外教育研究部門
所属教育組織 環境教育教室 
専門分野 景観生態学
現在の研究課題
研究課題のキーワード 景観変化、生物多様性、伝統知、植物資源利用
学位 博士(農学)
学会における活動 日本生態学会・農村計画学会・日本環境教育学会・日本景観生態学会
社会における活動
担当授業科目
学部春学期 学校園の基礎と展開  地域の環境学と農的体験Ⅰ  地域の環境学と農的体験Ⅱ 
学部秋学期
学部通年
修士課程/教職大学院 春学期 環境教育特論(ad)  環境教育フィールド研究(aa)  環境教育特別研究Ⅰ(a)  環境教育特別研究Ⅲ(a) 
修士課程/教職大学院 秋学期 環境教育フィールド研究(ab)  環境教育方法論(ag)  環境教育特別研究Ⅱ(a) 
修士課程/教職大学院 通年
特別専攻科
博士課程  
留学生対象科目
 
2018年
論文
Nestedness-resultant community disassembly process of extinction debt in a highly fragmented semi-natural grassland
Koyanagi, T.F., Furukawa, T., Osawa, T.
Plant Ecology , 219 9 1093 -1103

Patterns of plant diversity loss and species turnover resulting from land abandonment and intensification in semi-natural grasslands
Uchida K., Koyanagi T.F., Matsumura T., Koyama A.
Journal of Environmental Management , 218 622 -629
里山をフィールドとした環境教育の展開と今後の展望
小柳知代・樋口利彦
ランドスケープ研究82 1 30 -35
都市における神社空間の多様な役割:緑地保全・レクリエーション・環境学習
大木航央・遠藤秀平・小德真・小柳知代
環境教育学研究27 51 -66
丘陵地の谷津田沿い斜面に成立する刈り取り草地の種組成を左右する要因-管理履歴と微地形条件の違いに着目して-
大木航央・小柳知代
環境教育学研究27 67 -87

Evaluating forest clear-cuts as alternative grassland habitats for plants and butterflies
Ohwaki, J., Koyanagi, T.F., Maeta, S.
Forest Ecology & Management

What are the drivers of and barriers to children’s direct experiences of nature?
Soga, M., Yamanoi, T., Tsuchiya, K., Koyanagi, T.F., Kanai, T.
Landscape and Urban Planning
2017年
論文
Land use alters the plant-derived carbon and nitrogen pools in terraced rice paddies in a mountain village
Shimoda S. & Koyanagi T.F.
Sustainability , 9 1973

Partitioning the plant diversity of semi-natural grasslands across Japan
Koyama A, Koyanagi FT, Akasaka M, Kusumoto Y, Hiradate S, Takada M, Okabe K
Oryx
狭山丘陵の谷戸景観における生物相の特徴―さいたま緑の森博物館を事例に―
櫻井航平・河西貴文・髙榮晋平・五月女恭輔・小柳知代
環境教育学研究26 181 -194

Evaluating the local habitat history deepens the understanding of extinction debt for endangered plant species in semi-natural grasslands
Koyanagi T.F., Akasaka M., Oguma H., & Ise H.
Plant Ecology , 218 6 725 -735
学校教育における緑の教育の役割とその望ましい方向:担い手育成の重要性に着目して
小柳知代
グリーンエージ 517 19 -22
植物種多様性の高い河川堤防半自然草地における植生と立地特性
山田晋・根本正之・小柳知代・山本嘉昭・八木裕人
日本緑化工学会誌42 3 428 -432
2016年
論文
Urban residents' perceptions of neighbourhood nature: does the extinction of experience matter?
Soga M, Gaston KJ, Koyanagi FT, Kurisu K, Hanaki K
Biological Conservation , 203 143 -150

Combined burning and mowing for restoration of abandoned semi-natural grasslands
Koyama A, Koyanagi FT, Akasaka M, Takada M, Okabe K
Applied Vegetation Science , 20 1 40 -49

Time-delayed response of Japanese hare distribution to landscape change along an urban gradient
Saito UM, Furukawa T, Koyanagi TF
Journal of Mammalogy , 97 5 1451 -1460
都市近郊に位置する孤立草地の埋土種子相に隠されたリスク:草原性植物の残存個体群の保全に向けた課題
小山明日香・小柳知代・野田顕・西廣淳・岡部貴美子
保全生態学研究21 1 41 -49
外来種の生態学と環境教育:外来植物の問題を通じて人と自然の関わりを見つめ直す
斎藤達也・小柳知代・小山明日香
環境教育学研究25 1 -13
2015年
論文伝統知に基づく多様な植物資源利用とその変遷―新潟県十日町市に位置する中山間集落を事例に-
Transition of Various Plant Resource Use based on Traditional Ecological Knowledge: A Case Study from Mountainous Villages in Tokamachi City, Niigata Prefecture
小柳知代・米澤健一
環境教育学研究24 3 -14
早稲田大学所沢キャンパス内の保全湿地における埋土種子の分布
及川由衣・竹内大悟・小柳知代・吉冨友恭
環境教育学研究24 15 -22
2014年
論文
Plant species richness and composition under different disturbance regimes in marginal grasslands of a Japanese terraced paddy field landscape
Tomoyo F. Koyanagi, Susumu Yamada, Ken-ichi Yonezawa, Yoshiko Kitagawa, Kaoru Ichikawa
Applied Vegetation Science , 17 4 636 -644
これ以前の業績  
ページの先頭へ

Copyright Tokyo Gakugei University 2004 All rights reserved.
国立大学法人 東京学芸大学
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1