センターなど

センターなど 教員紹介 前のページに戻る
  成田 喜一郎 ナリタ キイチロウ 教授

所属研究組織 総合教育科学系教育実践創成講座
所属教育組織 大学院教育学研究科教育実践創成専攻 退職
専門分野 教育学(ホリスティック教育学)
現在の研究課題 ホリスティック・アプローチの理論と実践に関する研究 協働エスノグラフィーの研究 創作叙事詩論研究
研究課題のキーワード ホリスティック教育、ESD(持続可能な開発のための教育)、社会科教育、カリキュラム・デザイン曼荼羅、学校における危機管理・ケア、サーバント・リダーシップ、水の思想・川の組織論、自立と協働、トランザクティブメモリー、ノットワーキング、教師のライフヒストリー・デザイン曼荼羅
学位 文学修士
学会における活動 日本ホリスティック教育協会、日本国際理解教育学会、日本社会科教育学会、東京ホリスティック教育研究会 、活動理論学会 等
社会における活動 都県市区町村教育委員会、国・公立・私立小・中学校校・中等教育学校・高等学校内研修会、NPO・TFJ、こども国連環境会議推進協会フォーラム等
担当授業科目
学部春学期
学部秋学期
学部通年
修士課程/教職大学院 春学期
修士課程/教職大学院 秋学期
修士課程/教職大学院 通年
特別専攻科
博士課程 なし 
留学生対象科目
 
2018年
2017年
2016年
著書教育の今とこれからを読み解く57の視点
多田孝志・和井田清司・佐々木幸寿監修、青木 一・金井香里・北田佳子・黒田友紀・成田喜一郎ほか
教育出版
論文教職大学院における「カリキュラム研究」の成果と課題:理論と実践の架橋・往還への「みち」2008-2015
東京学芸大学教職大学院年報 第4集
研究報告書・調査報告書学校の危機管理と個人情報の保護:子どものいのちと人権を守る
東京学芸大学教職大学院実践研究成果物2008-2015 , pp.1-81
2015年
著書教師になるには:2017年版
長瀬拓也、成田喜一郎ほか
一ツ橋書店 , 「教師をめざすきみに:監修者のことばにかえて」pp.198-205
国際理解教育ハンドブックーグローバル・シティズンシップを育むー
藤原孝章、森茂岳雄、中山京子、成田喜一郎ほか
明石書店 , pp.119-124
大学の質保証とは何か
早田幸政編著、成田喜一郎ほか
エイデル研究所 , 一般財団法人 教員養成評価機構における教職大学院評価のポイント:pp.70-80
ユネスコスクールの今:ひろがり つながるESD推進拠点
住野好久、及川幸彦、棚橋 乾、住田昌治、中澤静男、市瀬智紀、望月浩明、半澤ゆかり、鈴木克徳、加藤久雄、浅井孝司、徳山順子、成田喜一郎、永田佳之、手島利夫、米田伸次
ユネスコ・アジア文化センター(ACCU) , 82〜85頁。
論文教育の総合大学としてどう個性化を図るか 第3回 教職大学院の改革:統合型カリキュラムと2つのコース制の導入
『SYNAPSE』vol.47,2015.12、ジアース教育新社,pp.40-42
グローバル時代の国際理解教育と教師教育の未来:ホリスティック・アプローチの可能性
国際理解教育 Vol.21 pp.24-33
Post3.11社会と私たち:今, どのような力が求められるのか
2015年春号(2015.4.15)pp.2-5
中学社会通信Socio express 2015年春号(2015.4.15)
ESDと教師教育2010−2014
持続発展教育(ESD)調査研究協議会研究報告書
ESDを推進する教師による〈当事者記録〉:「特攻隊」を主教材としこれからの平和教育を目指して
平成24年度~26年度科学研究費助成金(基盤研究(C))研究報告書 課題番号24531017 「ESDを推進するための教員リーダー養成プログラムの開発」研究代表者 中山博夫(目白大学)
ESD(持続可能な開発のための教育)の推進:現場から進めるESD
研究報告書・調査報告書ESDカリキュラム開発の方法2014:「カリキュラム開発の方法」研究成果報告書
成田喜一郎、ESDカリキュラム開発プロジェクト
東京学芸大学教職大学院 , 127〜160頁
持続可能な社会の担い手を育てるSpecial Activities:「大縄跳び」の此方と彼方とその狭間から
成田喜一郎、受講者
東京学芸大学教職大学院 , 36〜51頁
持続発展教育(ESD)調査研究協議会研究報告書(平成26年度 所沢市協言うセンター・持続発展教育(ESD)調査研究協議会)
成田喜一郎、山本直子、長谷川陽子ほか
所沢市立教育センター , 1〜2頁
2014年
著書教員養成を哲学する:教育哲学に何ができるか
林泰成・山名淳・下司晶・古屋恵太、成田喜一郎ほか
東信堂 , 43〜58頁
論文東日本大震災における発達障害者の PTSD と学校危機管理=ケアのあり方 :発達障害当事者との協働エスノグラフィーを読み解く
平沢直樹、成田喜一郎
東京学芸大学教職大学院年報第3集 187 -202
これ以前の業績  
ページの先頭へ

Copyright Tokyo Gakugei University 2004 All rights reserved.
国立大学法人 東京学芸大学
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1