人文社会科学系

人文社会科学系 教員紹介
2012年以前の研究業績
著書2011唐物と東アジア 舶載品をめぐる文化交流史(アジア遊学 147)
河添房江、皆川雅樹、島尾新、五味文彦、森公章 、垣見修司、シャルロッテ・フォン・ヴェアシュア、末沢明子、小島毅、前田雅之、古川元也、竹本千鶴、上野誠、石田千尋、真栄平房昭
勉誠出版
2010日本の対外関係3 通交・通商圏の拡大
荒野泰典、村井章介、石井正敏編
吉川弘文館(東京) , 221-230
2010光村の国語 はじめて出会う古典作品集 4 竹取物語・伊勢物語・源氏物語・大和物語・大鏡・堤中納言物語・平家物語・世間胸算用・南総里見八犬伝
河添房江/監修 高木まさき/監修 青山由紀/編集 甲斐利恵子/編集 邑上裕子/編集
光村教育図書(東京)
2010はじめて出会う古典作品集 5 古事記・風土記・今昔物語集・宇治拾遺物語・十訓抄・沙石集・御伽草子・伊曾保物語
河添房江/監修 高木まさき/監修 青山由紀/編集 甲斐利恵子/編集 邑上裕子/編集
光村教育図書(東京)
2010はじめて出会う古典作品集6 近代小説・近代詩・現代詩・童謡・唱歌・名句・名言・漢詩・漢文・故事成語
河添房江/監修 高木まさき/監修 青山由紀/編集 甲斐利恵子/編集 邑上裕子/編集
光村教育図書(東京)
2010夢と物の怪の源氏物語
三田村雅子・河添房江
翰林書房(東京)
2010源氏物語と東アジア
仁平道明編
新典社(東京) , 131-149
2010遣唐使船の時代
森公章・鈴木靖民ほか
角川学芸出版(東京) , 211-233
2010ジェンダー史叢書 思想と文化
竹村和子・義江明子編
明石書店(東京) , 228頁~245頁
2010王朝文学と服飾・容飾
竹林舎(東京)
2010光村の国語 はじめて出会う古典作品集2 万葉集・古今和歌集・新古今和歌集・百人一首・短歌・俳句
河添房江/監修 高木まさき/監修 青山由紀/編集 甲斐利恵子/編集 邑上裕子/編集
光村教育図書(東京)
2010光村の国語 はじめて出会う古典作品集3 落語・狂言・能・歌舞伎・人形浄瑠璃
河添房江/監修 高木まさき/監修 青山由紀/編集 甲斐利恵子/編集 邑上裕子/編集
光村教育図書(東京)
2009光村の国語 はじめて出会う古典作品集1 土佐日記・枕草子・更級日記・方丈記・徒然草・おくのほそ道
河添房江/監修 高木まさき/監修 青山由紀/編集 甲斐利恵子/編集 邑上裕子/編集
光村教育図書(東京)
2009二〇〇八年パリ・シンポジウム 源氏物語の透明さと不透明さ
寺田 澄江、藤原 克己、 高田 祐彦 ほか
青簡舎
2009源氏物語国際フォーラム集成
伊井春樹編
角川学芸出版(東京) , 181-192
2008王朝文化辞典
山口明穂、 鈴木日出男、ほか
朝倉書店
2008源氏物語の現代語訳と翻訳
おうふう(東京)
2008王朝文学と東アジアの宮廷文学
仁平道明ほか
竹林舎(東京) , pp.160-180
2008薫りの源氏物語
三田村雅子ほか
翰林書房(東京)
2008光源氏が愛した王朝ブランド品
角川学芸出版
2007源氏物語と東アジア世界
NHK出版
2007源氏物語へ源氏物語から―中古文学研究24の証言
笠間書院(東京)
2006源氏物語の始発―桐壺巻論集
竹林舎
2006描かれた源氏物語
三田村雅子・河添房江
翰林書房
2006日本女性文学大事典
日本図書センター
2005源氏物語時空論
Beyond Time and Space: New Essays on Tale of Genji
東京大学出版会 , /,-
unversity of tokyo press , /,-
2005源氏研究 10
GENJI KENKYU 10
三田村雅子・*河添房江・松井健児
翰林書房 , /,-
2005源氏物語とその享受 研究と資料
武蔵野書院
2004源氏研究 9
GENJI KENKYU 9
三田村雅子・*河添房江・松井健児
翰林書房
2004国際日本文学研究報告集3  海外における源氏物語の世界
伊井春樹
風間書房
2003異文化理解の視座(分担執筆)
小島孝之・小松親次郎 編
東京大学出版会
2003岩波講座文学 7 つくられた自然(分担執筆)
Iwanami lecture literary 7 nature built
小森陽一 他
岩波書店 , 7/,67-87
Iwanami Shoten , 7/,67-87
2003源氏研究 8(共編)
GENJI KENKYU 8
三田村雅子・松井健児
翰林書房
KANRIN SHOBOU
2003源氏物語の鑑賞と基礎知識 梅枝・藤裏葉(編著)
至文堂
2003必携 源氏物語を読むための基礎百科(分担執筆)
学燈社
2002源氏物語事典
大和書房
2002ジェンダーの生成(分担執筆)
Generation of gender
臨川書店 , 63-106
2002源氏研究 7(共編)
GENJI KENKYU 7
三田村雅子・松井健児
翰林書房 , /,-
KANRIN SHOBOU , /,-
2002恋愛と性愛(分担執筆)
Love and Sexual Love
服藤早苗ほか編
早稲田大学出版部 , 3-25
Waseda University Press , 3-25
2002続々 物語をものがたる(分担執筆)
Which Tells Tale One after Another
河合隼雄
小学館
Shogakukan
2001叢書想像する平安文学2 <平安文化>のエクリチュール(共編)
<Heian culture> of which seriesimagination is done
神田龍身・小嶋菜温子・小林正明・深沢徹・吉井美弥子
勉誠出版 , /,-
2001叢書想像する平安文学3  言説の制度(共編)
system of a statemen
神田龍身・小嶋菜温子・小林正明・深沢徹・吉井美弥子
勉誠出版 , /,-
2001叢書想像する平安文学5 夢そして欲望(共編)
Dream and Desire
神田龍身・小嶋菜温子・小林正明・深沢徹・吉井美弥子
勉誠出版 , /,-
2001叢書想像する平安文学6  家と血のイリュージョン(共編)
Illusion of house and blood
神田龍身・小嶋菜温子・小林正明・深沢徹・吉井美弥子
勉誠出版 , /,-
2001叢書想像する平安文学7 系図を読む/地図を読む(共編)
Reads the /map to read -- tale space-time theory
神田龍身・小嶋菜温子・小林正明・深沢徹・吉井美弥子
勉誠出版 , /,-
2001叢書想像する平安文学8 音声と書くこと(共編)
Writing-as sound
神田龍身・小嶋菜温子・小林正明・深沢徹・吉井美弥子
勉誠出版 , /,-
2001源氏物語いま語り(共編)
Tell Now about Tale of Genji
三田村雅子・松井健児
翰林書房 , /,-
2001源氏研究 6(共編)
GENJI KENKYU 6
三田村雅子・松井健児
翰林書房 , /,-
KANRIN SHOBOU , /,-
2000源氏研究 5(共編)
GENJI KENKYU 5
三田村雅子・松井健児
翰林書房 , /,-
KANRIN SHOBOU , /,-
1999源氏物語の表現と文体 下(分担執筆)
The bottom of expression and style of the Tale of Genji
風間書房 , /,147-179
Kazama Shobo , /,147-179
1999想像する平安文学 1 <平安文学>というイデオロギー(共編)
The ideology of Heian literature
神田龍身・小嶋菜温子・小林正明・深沢徹・吉井美弥子
勉誠社 , /,-
1999想像する平安文学4 交渉することば(共編)
The language of negotiation
神田龍身・小嶋菜温子・小林正明・深沢徹・吉井美弥子
勉誠社 , /,-
1999週刊朝日百科 世界の文学26 竹取物語・伊勢物語(編集)
Weekly Asahi Various Subjects Literature in World 26 Tale of the Bamboo Cutter and Tales of Ise
朝日新聞社 , /,-
Asahi Shimbun Publishing , /,-
1999源氏研究 4(共編)
GENJI KENKYU 4
三田村雅子・松井健児
翰林書房 , /,-
KANRIN SHOBOU , /,-
1999ことばが拓く古代文学史(分担執筆)
Ancient History of Literature Which Language Cultivates
鈴木日出男編
笠間書院 , /,257-270
Kasama Stoin , /,257-270
1999アエラムック 恋愛学がわかる。(分担執筆)
AERA mook  love study understands
朝日新聞社 , /,64-68
Asahi Shimbun Publishing , /,64-68
1998源氏物語表現史ー喩と王権の位相ー
A History of Rhetoric in Genji monogatari
翰林書房 , /,-
1998性と文化の源氏物語ー書く女の誕生ー
Gender and Culture in Genji monogatari - The Birth of Women's Writing
筑摩書房 , /,-
CHIKUMA SHOBO , /,-
1998源氏研究 3(共編)
GENJI KENKYU 3
三田村雅子・松井健児
翰林書房 , /,-
1998文学史上の『源氏物語』 (分担執筆)
The"Tale of Genji" on history of literature
至文堂 , /,132-145
Shibundoh , /,132-145
1997<みやび>異説-源氏物語という文化(分担執筆)
Miyabi and culture in Genji monogatari
吉井美弥子編
森話社 , /,-
SHIWASHA , /,-
1997源氏研究 2(共編)
GENJI KENKYU 2
三田村雅子・松井健児
翰林書房 , /,-
KANRIN SHOBOU , /,-
1996岩波講座 日本文学史2(分担執筆)
Iwanami lecture  Japanese Literary History 2
岩波書店 , /,-
Iwanami Shoten , /,-
1996源氏研究 1(共編)
GENJI KENKYU 1
三田村雅子・松井健児
翰林書房 , /,-
KANRIN SHOBOU , /,-
1995新講 源氏物語を学ぶ人のために(分担執筆)
New lecture To a those who study the Tale of Genji sake
世界思想社 , /,77-106
1992源氏物語の喩と王権
Tropes and Kingship in Genji monogatari
有精堂 , /,-
1992物語という回路(分担執筆)
A circuit called a tale
新曜社 , /,-
論文2012唐物をめぐる文化史―『源氏物語』の和漢の位相―
文学・語学 204
2012嵯峨朝・仁明朝の王権と東アジア
アジア遊学 151
2011源氏絵に描かれた唐物-末摘花の「黒貂の皮衣」―
むらさき 48
2011アジアの中の源氏物語
国文学 解釈と鑑賞76 8
2010私の王権論・王権論以降Ⅰ
国文学 解釈と鑑賞 10 11 -18
2010平家一族と唐物
東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅰ 61 159 -166
2009『うつほ物語』の異国意識と唐物
国語と国文学86 5 20 -30
2009明石一族と唐物
文学・語学
2008桐壺巻のホスピタリティ
原岡文子ほか
季刊iichiko 100 98 -106
2008源氏物語の続編と唐物
2007日本文学の可能性を探る―隣接科学との協同と国際化への道
国学院雑誌108 1
2006「「橋姫」の段の多層的時間」
文学 隔月刊
2006復元模写から読み解く「源氏物語絵巻」と『源氏物語』―「夕霧」「御法」「東屋(二)」を中心に―
国語と国文学
2006王朝の襲―絵巻の復元模写から読み解く『源氏物語』
国文学51/2,13-21
2005『源氏物語』―東アジアの時空から
現代思想33/7,16-19
2005若紫巻の光源氏と唐物
The Shining Genji in the Wakamurasaki Chapter and Karamono
東京学芸大学紀要 第二部門 人文科学/ 56,183-191
Bulletin of Tokyo Gakugei University , / 56,183-191
2004鴻臚館に行く光る君―『源氏物語』と東アジア交易圏―
京都語文/11,83-97
2004桜がさねの扇を持つ女君―花宴巻の朧月夜
国文学 解釈と鑑賞69/8,72-79
2004天徳内裏歌合から読み解く『源氏物語』―唐物・楽宴・衣装という文化環境―
日本文学53/5,36-47
2004紫式部の結婚観
国文学 解釈と鑑賞69/12,171-178
2003紫式部の国際意識
Murasakishikibu's international consciousness
東京学芸大学紀要 第2部門 人文科学 ,(54)/,225-233
2003『源氏物語』宿木巻の自然と人間ー国宝絵巻のデジタル・アーカイブからー
the nature and human of"Tale of Genji"yadorigi
国文学 解釈と教材の研究 , /,-
2002「眠れる森の美女」の四半世紀―世界で源氏はどう読まれてきたか―
How Genji Monogatari Has been Read the Quarter of a Century in the World
ユリイカ34/2,182-
YURIIKA , 34/2,182-
2001デジタル情報化時代の文学研究と大学教育
The literary research and university education of the digital information age
日本文学
Japanese literature
2000源氏物語の時空意識
Space-time of Tale of Genji
国文学 解釈と鑑賞
2000源氏物語とニューメディア
The Tale of Genji and new media
「第5回 シンポジウム コンピュータ国文学 講演集」/5,2-14
a 5th symposium computer -- Japanese literature -- lecture collection , /5,2-14
2000あいなく御顔も引き入れ給へどー幼な恋との輝きと強度ー
国文学 解釈と教材の研究」45/9,94-99
1999唐物と文化的ジェンダー―和と漢のはざまで―
Cultural Gender and Karamono
「国文学 解釈と教材の研究」
1998Gender,Power,and Continental TradeHistory in The Tale of Genji,
PMAJLS/4,265-276
1997『源氏物語』、桜衣の世界
"The Cherry clothing in Genji mongatari"
国文学
Kokubungaku
1997ゆかりの身体・異形の身体
"Associated"Bodies, Distigured Bodies
論集 平安文学4 源氏物語試論集
1997光源氏の身体と装いをめぐって
Hikaru Genji's body and fashion
「むらさき」/34,13-21
1996「蜻蛉日記」の歌・衣・性 ―歌う女/縫う女の<物語>―
"Poetry, Clothing and Gender in Kagero nikki : A Woman's <Tale> of Poetry and Sewing"
日本文学
Japanese Literature, May 1996, Vol.45-5 No.515
1995『源氏物語』の表現ー六条御所と謡曲「葵上」のドラマトゥルギー
『新講源氏物語を学ぶ人のために』(世界思想社)
1995「かげろう日記」 ―女歌の世界
"Kager nikki : The World Women's Poetry"
論集平安文学
Ryoshu Heian Litevature
1995「源氏物語」の性と文化
"Gender and Culture in Genji monogatari"
文学 1995
Bungaku 1995
1994『源氏物語』の人物構造―六条御息所と謡曲「野宮」のドラマトゥルギー
"The Dramaturgy of Lady Rokuj and the Play No no miya"
解釈と鑑賞(至文堂)
1994『源氏物語』の<髪>についての断章―王権・ジェンダー・身体・エロス―
"On the Motif of 'Hair' in Genji monogatari : Kingship, Gender, the Boby, and Eros"
物語研究会会報
1994最近の物語研究から―王権論から身体論へ―
"The Current State of monogatari Scholarship : Shifting from Theories of Kingship to Theories of the Body"
日本文学
1993かくや姫―光と境界と外部―
"Kakuyahime : Light, Boundaries, and Exterior" in Kokubungaku (1982)
国文学(学燈社)
1993神器という名のイデオロギー―王権論の現在から―
"The Ideology of the Three Sacred Objects"
『新物語研究1 物語とメディア』(有精堂)
1992貫之、歌の喩
国文学
1991女流日記における父親像
"Fatherhood as Imaged in Women's Diaries" and other essays in Defining Women's Diaries
『女流日記とは何か』(勉誠社)
1991貴族の通過儀礼 五葬送・服喪
"Rites of Passage of the Aristocracy : Funerals and Mourning"
国文学解釈と鑑賞 別冊
1990リクールのメタファー物語論
国文学
1987源氏物語の一対の光―王権譚の生成―
文学
1986夜の寝覚と話型―貴種流離譚の行方―
日本文学
1986引歌-源氏物語の位相-
『論集 和歌とレトリック』(笠間書院)
1985竹取物語の享受
"The Reception of Taketori monogatari" in Kokubungaku
国文学
1982源氏物語の夕べ―その表現史的累層―
"Evening' in Genji monogatari" in Murasaki
むらさき
研究報告書・調査報告書2011平成23年度広域科学教科教育学研究経費報告書 小・中・高一貫教育において古典に親しませる教材とその指導法の開発
河添房江、古屋明子、森顕子、小山進治、本橋裕美、麻生裕貴
2004平成12年度~平成15年度科学研究費補助金研究成果報告書 交易史から見た上代文学と平安文学の諸相
1997平成7年度~平成8年度科学研究費補助金研究成果報告書 源氏物語と源氏物語を本説とする謡曲の比較研究
学会発表等2008源氏物語と源氏能のドラマトウルギー
2007異国との接点ー越前と大宰府ー
2007「源氏物語絵巻」と物語の《記憶》をめぐる断章
2005源氏の翻訳と近代文学ー与謝野晶子と谷崎潤一郎の場合ー
Translation and Modern Literature: Yosano Akiko and Tanizaki Junichir?
日本、そして世界における源氏物語 、Columbia University
THE TALE OF GENJI IN JAPAN AND THE WORLD 、Columbia University
2003越境する翻訳と現代語訳―ウェイリー訳と与謝野・谷崎源氏―(全国大学国語国文学会、大阪大学21世紀COEプロジェクト)
2002光源氏と教育(とちぎ子ども学会、於宇都宮大学)
2001世界文学としての源氏物語(国際シンポジウム「東西交流と日本」、於東京国際交流館)
『異文化理解の視座』東京大学出版会 2003 、国際研究交流大学村東京国際交流館
2001『源氏物語』とジェンダー-和漢のはざまで-(於国文学研究資料館)
『ジェンダーの生成』臨川書店 2002 、国文学研究資料館
2000デジタル情報化時代の文学研究と大学教育(日本文学協会大会、於東京学芸大学)
1999『源氏物語』における恋愛・性愛(比較家族史学会、於東京学芸大学)
『恋愛・性愛』早稲田大学出版部 2002 、東京学芸大学
1999源氏物語とニューメディア-接点と期待-(於国文学研究資料館)
1998平安文学と絵画(中央大学国文学会)
1997『源氏物語』と絵画-最近の研究動向から-(東京大学国語国文学会)
1997Gender,Power,and Continental TradeHistory in The Tale of Genji(MAJLS)
1996源氏物語の身体と装いの表現(紫式部学会、於学習院大学)
その他2009源氏千年紀を終えて
学芸古典文学 二号
2008対談「『源氏物語』のことば」尾崎左永子
星座 46号
2008座談会 『源氏物語』の可能性
歴史評論 第702号
1999朝日カルチャー東京 公開講座「源氏物語をいま読み解く」
1990NHK教育テレビ「古典への招待」 源氏物語 担当
最近5年の業績  
ページの先頭へ

Copyright Tokyo Gakugei University 2004 All rights reserved.
国立大学法人 東京学芸大学
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1